23番 薬王寺~階段のお賽銭発祥の寺  四国88箇所車遍路(20)

2015年10月05日 02:30



DSC04564as.jpg
9月1日
多宝塔の原型とされる瑜祇(ゆぎ)塔は、鉄道からもよく見えた。
15時33分薬王寺到着

DSC04532as.jpg
いよいよ本日最後の寺に入る。
右の建物は団体さん専用の納経所だが、温泉付きの宿坊は別にある。
遍路の札所以外に厄除けの参拝客人も多い。


DSC04563as.jpg
山門はこの石橋と同じくらい古いものだったと思うが、建て替えられたようだ。


DSC04534as.jpg
仁王さんも新しい


DSC04535as.jpg
まず女厄坂。急な階段だ。


DSC04536s.jpg
絵馬堂の香炉を経て

DSC04537_1s.jpg
男厄坂
期待?に反してお賽銭は片付けられていた。


DSC04560s.jpg
日和佐町の町並みが一望に出来る。
目の下を道路、河、鉄道が横切っている。
尾道のようなところだ。


DSC04539s.jpg
まずは本堂へ


DSC04553s.jpg



DSC04552s.jpg
山の斜面を削って建てられた寺だが境内は広く、樹齢数百年の大木もある。


DSC04543s.jpg
人用と仏さん用の区別無く、建物全体が一様に年を経ている。
やっと寺らしい寺に来た気がする。


DSC04544s.jpg
本堂は遍路客専用で無く、ちゃんと勤行に使われてるようだ。


DSC04546s.jpg
ご本尊に届くかな。
おっと、手前の塔の先端にピントが合ってしまった。


DSC04548s_20150927104311121.jpg
今度はきちんと。
オートフォーカスは便利だけれど、撮れた画像はチェックしとかないと。


DSC04554s.jpg
大師堂でお経をあげた後で、団体さんがやってきて賑やかになった。
地元徳島の人達で、檀家寺の住職が連れてきているという。


DSC04541s.jpg
河の終点に漁港がある。


DSC04555s.jpg
日和佐城


DSC04558s.jpg
瑜祇塔へは、もうワンセット厄坂を上らなくてはならない。
ここで、今日はお終い。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2285-3ae81f62
    この記事へのトラックバック