21番太龍寺~西の高野山 四国88箇所車遍路(18)

2015年09月30日 20:19



DSC04464s.jpg
9月1日
13時、結局食事休憩無しで太龍寺のロープウェイ乗り場に着いた。

DSC04470s.jpg
谷間から一挙に山の上にかけあがる。
普通ロープウェイの乗車時間は5分位だが、ここは10分かかる。


DSC04473s.jpg
山を2つ超えて、その先の山頂付近に太龍寺はある。
往復2400円の値打ちはある。


DSC04477s.jpg
ようやく山頂駅が見えてきた。


DSC04479s.jpg
右手の崖の上に弘法大師の像が見える。
舎心ケ岳という岩の上で修行をしたとされている。
太龍寺からも徒歩で行けるが、往復で小一時間かかるので、ここから眺めるだけにしておく。


DSC04481s.jpg
到着。
余りに立派なのでここが正門かと思ったが、山門は別にある。


DSC04484s.jpg



DSC04486s.jpg
まず、本堂で納経。


DSC04494s_201509251232556f5.jpg
普通はすぐそばに大師堂があるのだが、広く上に高低差があるのでよく判らない。
600mの山の上に、こんな立派な伽藍がよく出来たものだ。


DSC04488s.jpg
多宝塔を

DSC04493s.jpg
回り込んだ所でようやく見つけた。
ガイドブックの簡単すぎる境内図では、役に立たない。
ここで、18番恩山寺を出発する時に入れ違いになった団体に追いつかれた。


DSC04495s.jpg
これまでは本堂と大師堂を廻れば、境内はほぼ終わりだったのに、ここは広い。
案内の矢印に従って歩く。
門のような建物がある。


DSC04497s.jpg
鐘楼だった。


DSC04499s_20150925123252c11.jpg
社務所の横の建物の天井に、高知県の画家、竹村松嶺氏によって描かれた龍の図がある。


DSC04502s.jpg
14時発の便に間に合うよう、広い境内をカミさんとロープウェイ駅へ急ぐ。
あの団体より1便早いのに乗らなくてはと焦って山門へ行くのを忘れた。

駅に先に到着していた、鶴林寺で遭った3人の家族連れも、団体より先に行けるかというような事を言っていた。
団体の経が始まると、こちらの声はかき消されて自分の耳にも届かない。おまけに彼らは鐘という鳴り物も持っている。
我々は弱者同士なんだ。


DSC04510s.jpg
結局団体さんは乗ってこず、数人の個人客だけで下山した。

そうか、閏年は逆打ちの年か。
なかなか商売上手だ。
88箇所遍路は寺だけで無く、四国4県にとって無視出来ない経済効果があるのだろう。


DSC04466s.jpg
我々は次の平等寺まで、約一時間のドライブだが、本来のお遍路さんにとってここは焼山寺、鶴林寺と並ぶ3大難所だ。

ロープウェイ駅の食堂は14時で閉店していた。
降りてきてから、遅めの昼食をと思っていたのに・・・・。
併設されている道の駅のレストランは逆に15時にならないとオープンしない。

結局、途中でファミマを見つけて、お握りを運転しながら食べた。


[α7s+SEL24240]Capture Oneで補正






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2289-f64dbdde
    この記事へのトラックバック