29番 国分寺~柿(こけら)葺き本堂の閑かな寺  四国88箇所車遍路(21)

2015年10月21日 00:54



10月16日
家の階段から落ちて頭を打つという事があって遅れていたが、思い切って出発した。

四国88箇所車遍路第3回
は高知県に入り、29番国分寺から24番最御崎寺へと逆打ちで廻る予定である。

行きは高速を4時間走り、帰りは室戸岬から徳島までの一般道130kmを含めて4時間30分、計660kmを一日で走るというハードなスケジュールになった。

逆打ちにしたのは、最初の寺に30分早く入れ、午後5時の「閉め切り」までの時間を長くとれるからである。


DSC02007s.jpg
早朝5時20分、夜明け前の街をライト点灯しての出発だった。
1時間後、淡路サービスエリアでようやく陽が昇ってきた。


DSC02026s.jpg
陽が上がってしまうと空は雲一つ無い秋晴れだった。
徳島自動車道は吉野川を阿波池田方面へ遡行しているが、高い橋で河を渡ると一気に四国山脈を突っ切るルートになる。


DSC02033s.jpg
高知自動車道に入ると急にガスがかかって来た。


DSC02037s.jpg
トンネルを19個越え、平地に入ると天気が回復してきた。

高さはそれ程でなくとも山の天気は恐ろしいと実感した。


DSC04664s.jpg
南国インターで降りて田舎道を少し走り、9時18分 29番札所 国分寺到着。
前2回は7時台に到着したが、それより2時間近く遅い到着となった。
高知は遠い。


DSC04669s.jpg
寺は白壁に囲まれ疏水が引かれている。高知も水が豊富なのだろうか。


DSC04659s.jpg
例によって金網にレンズをくっつけて、仁王さんを撮る。
なかなかダイナミックな姿だ。


DSC04626s.jpg
山門の奥に柿葺きの本堂が見える。


DSC04629s.jpg
山門を潜ると白壁の間に石畳の参道が続いている。


DSC04630s.jpg
広い境内はよく手入れされている。


DSC04635s.jpg

DSC04638s_2015101805145825d.jpg
境内の奥に本堂。この本堂は国の重要文化財に指定されている。境内全体も国指定の文化財になっている。 
屋根の先が反り返るように延びて姿が良い。


DSC04632s_20151018051832c0f.jpg
その手前に鍾楼。



本堂と並んで大師堂


DSC04646s.jpg
こちらは開山した「ことになっている」行基を祀っている。


DSC04639s_201510180521121f3.jpg
団体さんがいない事もあって広い境内はひっそりとしている。
結局この日は1度すれちがっただけで、とうとう団体さんとは出会わなかった。
逆打ちなので出会っても、それぞれ反対の方向に向かうからと思っていたが、出会うのは歩き遍路さんばかり。こう旨くいくとは。


DSC04640s.jpg
そろそろ我等も退散。

DSC04657s.jpg
稲穂の間をお遍路さんが行く。
前回から一カ月経って季節はすっかり秋になった。



[α7S+SEL24240 & NEX-5R+SEL1018]Capture oneで補正




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2295-3cb81c41
    この記事へのトラックバック