観光編 足摺岬・竜串・宇和島城

2015年11月11日 01:26



DSC04991s.jpg

DSC04994s.jpg
10月28日
寺のすぐ前が足摺岬展望台に続いている。
以前は朝飯前の散歩に灯台まで行ったが、今回は時間的にも体力的にも余裕がない。
ここから眺めるだけで充分だ。


DSC05001s_20151031134541ca7.jpg
中浜万次郎の像。向こうに金剛福寺の多宝塔が見える。
彼はここ土佐清水市の出身だった。



DSC05008s_2015103113453886c.jpg
日本一大きいと言われている白山洞門は、すぐ近くのこの足湯の中から見られるという事だったが残念ながら水曜日はお休み。


DSC05007s.jpg
足湯の裏に回ってみたが、樹木が邪魔をする。
足湯はこの上の階にあって樹木越しに全貌を見る事ができる。
降りていったら帰りが大変そうなので、ここまでにしておく。


DSC05009s.jpg
金剛福寺が止めたユースホステルを、今度は神社が継承している。


DSC05014s.jpg
3~40分で竜串に到着。


DSC05021s.jpg
節のある太い石柱が真っ直ぐ海に向かって伸びていている。


DSC05030s.jpg
対岸に見える白い建物は、珊瑚を観察出来る海中タワーだ。


DSC05023s_201510311351024f1.jpg


DSC05029s.jpg
強い波風の為に、海岸の岩肌も侵食されて蜂の巣のようになっている。

天下の奇景だが他に人はいない。
この先に「見残し」という名所があるが、そこへ行く道路は無く、50年前も今も船が必要だ。

高知の観光地は「時間距離」が長すぎる。
高知市までは飛行機で一っ飛びだが、室戸岬も足摺岬もそこからが遠い。鉄道は無く車でないと行けない。
かといってレンタカーを借りて見回るほど数は無い。
本州からは橋と高速道路で繋がっているが、四国の他の県を通り抜けないと来られない。
かって大阪~甲浦~高知でフェリーがあったがも今は廃止されている。
せめて九州から東京へ行く便が高知に寄港してくれたらと思う。


R0011450a.jpg
どのようにしてこの景色が生まれたのか。
「地質ニュース」のような学術誌も、砂岩と泥岩が浸食されたと記述するだけで観光案内の域を出ていない。

これは北海道の夕張川、滝ノ上公園から見た千鳥の滝である。
(三度北海道へ その1 第1日目 夕張~富良野~旭岳温泉)
明治時代、北海道の炭鉱を数々発見したライマンはこの先に大規模な単行があると予言したが、
この地形に行く手を阻まれて踏査する事ができなかった。後に日本の技師が夕張炭鉱を発見している。

ここでは川の底の地層が90度回転して断層面を上に向けている。
ライマンはこの隆起による段差の為に河を遡行するが出来なかったのだが、竜串でも同様の事が起こったのではないだろうか。
「串」の先は折れて海に沈んでいるが、そこまでは断層面が水平に露出している。
海蝕によって固い地層が残り、残った地層も長い間波に洗われて丸くなったのではないか。



DSC05035s.jpg
遊歩道に沢山咲いていた赤い花は海紅豆(かいこうず)というらしい。
確かに豆の形をしている。
初夏から晩夏まで咲くというから、百日紅のように花期の長い花だ。
ん、晩夏?
もう10月末なんだが。
黒潮でここらは暖かいのか。


DSC05117s_20151103184041e85.jpg
宇和島には午後5時丁度に着いた。
明日の朝、出発前に城山に上ってみようと思っていたが、これなら今日の内に行ける。
天守閣以外は入場無料だが、2箇所ある門のどちらかを潜らなくてはならない。
早朝5時半から開いているなら大丈夫だろうと、駐車場に車を入れてこの長屋門の潜り戸を抜けたら、何と5時で閉鎖だという。
それでも門番の人に何とかならぬか、大阪から来たのだと言うと、5時半までならここにいると30分の余裕をくれた。


DSC05094s.jpg
約束の時間があるので、緩い坂道を行ってはいられない。
50mの城山を石段で一気に駆け上がった。


DSC05096s.jpg
途中、籠城には欠かせない大きな井戸があった。


DSC05102s.jpg
高層ビルを階段で最上階まで上がるようなものだった。さすがに息が切れたが、なんとか天守までたどり着けた。


DSC05114s_201511031840444f2.jpg

DSC05110s.jpg
小ぶりな三層の天守だが、外郭の山を借景にした姿はなかなかのものだった。


DSC05108s.jpg
港の方を見ると丁度陽が沈んでいく所だった。
今でこそ堀も埋められて町の中に立つ城だが、かって城山の北辺は海に面しており、堀には海水を取り込んでいた。
平山城だが水城でもあった。海上封鎖は、大がかりになって難しいので籠城戦が有利になる。
築城の名手藤堂高虎によるもので、今治城や高松城も同様な水城の機能を持っていた。


DSC02192s.jpg
夕食はJR宇和島駅近くの「かどや本店」に行った。

DSC02190bs.jpg
カミさんは「鯛めし」「さつま汁」と「じゃこ天」の3点盛りを頼んだ。
「さつま汁」は「白身魚のすり身に、山芋を白味噌で味付けしたものをかけてドロドロにしたものを麦混じりのご飯にかける」。
聞くといかにも旨そうだが、前回試してそれほどでもなかったので私は「鯛めし」にした。

「鯛めし」というと炊き込みご飯を連想するが、
ここの「鯛めし」は鯛の刺身をごはんに載せて、卵をといた出汁をぶっかけてかき込む漁師料理だ。
ご飯はおかわり自由だと言われたがそんなに食べられない。

カミさんももう一度食べるなら鯛めしだと言っていた。



DSC05022s.jpg
竜串のパノラマ写真です。下のバーをスライドして下さい。



[α7S+SEL24240 & NEX-5R+SEL1018]Capture oneで補正




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2305-a3fca166
    この記事へのトラックバック