47番 八坂寺~お墓がいっぱい 四国88箇所車遍路(37)

2015年11月25日 00:15



DSC05321s.jpg
10月29日
14時33分、松山市内2箇所目の八坂寺到着。
今シリーズこれが最後の寺になる。

この橋が山門になっている。
天井に極楽浄土が描かれているのだが、見落とした。



DSC05324s.jpg
鐘楼は普通だが

DSC05323s.jpg
本堂は鉄筋コンクリート


DSC05326s.jpg
ご本尊の阿弥陀如来は、正面は飾りの多宝塔で隠してあるが、ちょっと横へ廻ると見られる。


DSC05328s.jpg
大師堂は木造で

DSC05330s.jpg
お大師様も見られる。

本堂と大師堂の間にコンクリートのアーケードがあって地獄と極楽が壁に描かれている。
また駐車場に「いやさか不動尊」という寺の由来となった名の不動明王像があるが、これらは撮り忘れたり見逃したりしている。

集中力が切れている。
2日で1100km走り、昨日から11寺目だ。
歳を痛感させられる。


DSC05332s.jpg
帰り道は墓地の中を通るようになっている。
見渡す限り墓石

DSC05333s.jpg
平地は埋め尽くされ、今は山の斜面を墓地に造成している。
かっては修験道場であった裏山は、見渡す限り八坂寺の敷地である。
この山が何時か墓で埋め尽くされる。
幾ら無税の金がこの寺に転がり込むのか、ちょっと想像も付かない。

松山の叔母がこのどこかで眠っている。
母と同じパーキンソン病だった。
キリスト教の集合墓だと聞いていたので形から判るかと思っていたが、甘かった。
ただ合掌するのみ。





[α7S+SEL24240]Capture oneで補正







関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2315-3813253c
    この記事へのトラックバック