60番 横峰寺~期待外れの寺 四国88箇所車遍路(40)

2015年11月30日 01:42



DSC05399s.jpg
11月10日
63番札所吉祥寺の手前で、石鎚山系の山の中へ入っていく。
鴨川の流れをせき止めて出来た黒瀬湖が眼下に広がる。


DSC05437s.jpg
マイカーからマイクロバスへの乗り換え場を過ぎて、つづら折れの細い山道を上がっていく。
ようやく、有料道路の入り口に到着。ここから先がまた長い。
「もう一生分のカーブは曲がったぞ」と思うほど延々とカーブが続く。


DSC05435s.jpg
カーブと対向車とのすれ違いに倦んだ頃、ようやく駐車場に到着。
750mまで上ってくると、遠くのしまなみ海道の橋まで見える。


DSC05404s.jpg
折角上がってきたのに、横峰寺へは坂を降りていかねばならない。
帰りが思いやられる。
参道の鳥居が見えてきた。
ん、寺の参道に鳥居 ?


DSC05405s.jpg
12時20分到着


DSC05416s.jpg
本堂から大師堂の方を見る。
社務所や宿坊が下の段にあるが、境内はこれだけ。
あれだけしんどかったのに、これだけかと正直ガッカリした。
歩き遍路なら尚更だろう。


DSC05429s.jpg

DSC05408s.jpg
堂内の大師像は、顔をLEDでほの青く照らすという演出をしている。


DSC05418s.jpg

DSC05415s.jpg
本尊の大日如来は厨子に収まって見られない。
しかし、前段に一体の明王の像が置いてある。
右手の三鈷や、右足を上げている姿からすると蔵王権現らしい。
この寺の寺宝に蔵王権現御正体というレリーフがある。
これも大師像の照明と同様のサービスか。


DSC05422s.jpg
星供大師の像
剣を持つ大師像は珍しい。
顔を憤怒の相に替えれば、・・・・よく見かける不動明王になる。


DSC05423s.jpg
駐車場からの道は寺の裏で、本来はここが正門。
歩き遍路の人だけが、ここから入れる。


DSC05424s.jpg
門は新しいが仁王像はずっと古そうだ。


DSC05425s.jpg

DSC05428s.jpg
帰りふと見上げると、本堂の後ろに神社のような建物がくっついている。
ここも元は前髪寺と同じく石鉄権現の別当寺だった。
前の本堂は拝殿で、後ろの建物が本殿という権現造りになっていた。

前神寺も横峰寺も、真言宗の衣を纏っているが、その実は権現信仰が続いているのではないか。



DSC05431s.jpg

DSC05433s.jpg
霧がかかって来たので急いで下山を始めたが、文字通り瞬く間に濃さを増した。
ベッドライトをつけても視界が改善されない。
クラクションを鳴らしながら降りた。


DSC05441s.jpg
暫くすると霧は晴れた。
山の上だけにかかっていたようだ。

黒瀬湖の紅葉を眺めながら岸に沿って走っていたら、曲がり角を間違えた。


DSC05446s.jpg
来る時にはなかった黒瀬ダムが見られた。
大回りをして11号線に出て来たら、前神寺より更に手前だった。
車だから僅か15分の遅れで済んだが、歩き遍路だったら泊まる場所からやり直さなくてはならない。



[α7S+SEL24240]Capture oneで補正




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2319-43ea7ca0
    この記事へのトラックバック