58番仙遊寺~温泉のある寺 四国88箇所車遍路(52)

2015年12月24日 01:12



DSC05851s.jpg
11月12日
目の前の山の頂上近くに建物らしき物が見える。
標高300mというからあれが仙遊寺らしい。


DSC05861s.jpg

DSC05858s.jpg
道はやや広いが結構な山道を上ってくると山門があった。
車が駐車している。中にはお遍路の白衣があるが誰も乗っていない。


DSC05854s.jpg

DSC05853s.jpg
仁王像は新しいものだが、躍動感があってなかなか良い。


DSC05856s.jpg
山門から参道が続いている。
歩いて参拝するにはこれを上るのだが中々ハードな山道らしい。
車の持ち主はここを上がっていったのか?


DSC05864s.jpg
駐車場前の旋回場から今治の街が一望に出来る。
右端の一際高い建物が愛媛県で最も高い今治国際ホテルだろう。


DSC05866s.jpg
8時54分到着
願掛けのお礼参りなのだろうか、沢山の地蔵がならんて居る。


DSC05871s.jpg
本堂は屋根が2層になった豪華な造りだ。

DSC05887s.jpg
後ろから見ると構造がよく判る。
平屋に裳階を付けたものだった。
この寺は1947年に山火事に遭い消失したが、1953年に昔のままに再建された。
戦後すぐの物資も金もない時代に、よくぞこんな豪華な建物を造ったものだ。

豪華なのは建物だけではない。


DSC05876s.jpg
本堂内はオープンで


DSC05875s.jpg
立派な本尊を拝顔できる。
頂部がちょっと隠れているのが残念だが、十一面千手観音だ。


DSC05877s.jpg
おびんずる様の前に帽子を忘れていった人がいる。
自分にも経験があるが、失礼だからと帽子を脱ぐとついこういう事になる。
普段自分の家ならやらない事だが、外に出て疲れると集中力が失われていく。
自分がメガネを掛けているのを忘れてメガネを探すなんて事は、コメディのギャグでしかないと思っていたが、
自分でやってしまった。
そんな歳になってしまった。


DSC05869s.jpg
本堂の脇にこんな看板があった。
ん、温泉に足湯?
えらく豪華な宿坊だ。


DSC05885s.jpg
本堂に隣接して「温泉付き」宿坊があった。
下から見えていたのはこの建物だったのか。見晴らしは良いはずだ。
こんな所で温泉が出るわけがないから、どっかから温泉又は冷泉を引いているのだろう。
火事で痛めに遭っているから貯水槽を造ろうという話になって、ならそれを浴槽にして温泉にしてしまえというアイデアが出たのかも。


DSC05873s.jpg
大師堂も

DSC05880s.jpg
お大師様を見られる。


DSC05892s.jpg
パノラマ写真です。記事の下のバーをスライドして下さい。



[α7S+SEL24240]Capture oneで補正


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2335-324fd8bd
    この記事へのトラックバック