87番長尾寺~古い町並みの中の寺 四国88箇所車遍路(56)

2015年12月31日 10:12




DSC05982s.jpg
11月24日
9時17分長尾寺到着。
長尾は琴平電鉄の長尾線の終点の古い町だ。ちょっと歩くと銭湯でもありそうな街並みの中に長尾寺は有る。
八十八箇所遍路に出るまでは気がつかなかったが、琴平電鉄の3本の路線の終点は琴平、志度、この長尾と全部参詣用に敷かれている。
かってはそれだけの参拝客があったという事なのだろう。


DSC05983s.jpg
山門の両側に石碑がある。経幢(きょうどう)と呼ばれるもので、この下にお経が収められている。
元寇の役の死者を弔う為に造られ、重文に指定されている。


DSC05986s.jpg
山門は鐘楼になっている。境内は充分に広いのに何故独立した鐘楼がないのかよく判らない。
街中なので鐘は突けないようになっている。


DSC05985s.jpg

DSC05981s.jpg
境内は広いが建物は端に寄せられている。中央の広場は行事の時には駐車場にかわるようだ。

ここは天台宗の寺で、88箇所の内真言宗でない8つの寺の内の一つになっている。

讃岐藩高松藩初代藩主松平頼重(水戸光圀の同母兄)が堂宇を寄進し、天海に命じて真言宗から天台宗に改宗させた。
頼重は82番根香寺も同様に改宗させている。頼重の宗旨が天台宗だったという事か。
頼重は長男であったが家督を継げなかった。それどころか父の命で生後すぐ殺されるところだった。
しかし光圀の措置によって、頼重の家系が水戸藩を継ぎ、反対に光圀の家系が讃岐高松藩を継ぐようになった。
宗派替えは、この事と彼の信仰が関係しているのかもしれない。



DSC05987s.jpg
本堂

DSC05988s.jpg
大師堂


DSC05995s.jpg

DSC05999s.jpg
本堂の梁の装飾彫刻が凄い。

DSC05993s.jpg
大師堂の方も。


DSC06003s.jpg
小さくて見逃すところだったが、源義経の側室の(正妻はいなかった)静御前はここで剃髪し、その髪の塚が建てられている。


[α7S+SEL24240]Capture oneで補正



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2340-e8234da9
    この記事へのトラックバック