81番白峯寺~崇徳天皇の寺 四国88箇所車遍路(62)

2016年01月12日 10:15



DSC06181s.jpg
11月24日
16時24分白峯寺到着
この山門は七棟門と呼ばれ正面に5つの棟が見えるが、更にこれと直角になった棟が2つ裏側に付いている。
白峰寺という名前は、五色台と呼ばれる溶岩台地の連峰に青峯、黄峯、赤峯、白峯、黒峯の山があり、その白峯にあるところから取られている。


DSC06187s.jpg
本堂や大師堂はこの階段を上がったところにあるが、


DSC06182s.jpg
真っ直ぐ進むと立派な山門とその奥に大きなお堂がある。
崇徳天皇の廟所・頓証寺殿である。

崇徳天皇は、菅原道真、平将門と並ぶ日本三大怨霊とされている。
(桓武天皇の実弟早良親王も、平安京遷都の理由となるほどの祟りをもたらした大怨霊だと思うが)

松山ケンイチ主演の大河ドラマ「平清盛」で保元の乱が扱われているが、
崇徳天皇(当時は上皇)は後白河天皇と争って敗れ、讃岐へ流され憤死した。


血縁関係がややこしい。
崇徳天皇は系図上は鳥羽上皇の子供になるが、実は鳥羽上皇の中宮と、
白河法皇(鳥羽上皇の祖父)との間に出来た子供で、鳥羽上皇から「叔父子」」と呼ばれ疎まれていた。

天皇は鳥羽→崇徳→近衛と続くが、近衛天皇が若くして亡くなりその後継を決める際に、
最有力視されていた崇徳上皇の息子では無くて、後白河天皇(崇徳天皇の同母弟)が選ばれた事が保元の乱の原因となった。

ドラマでは松田翔太が後白河天皇を演じていたが、上皇・法皇として院政を行い、
清盛や頼朝・義経の武家と政治力で渡り合った、最後の実力者天皇だった。



DSC06185s.jpg
この頓証寺殿の裏に崇徳天皇を葬った御陵がある。
崇徳天皇には「白峰」という固有名詞がよく付くが、それはこの地に眠っていることから来ているのだろう。
明治天皇が崇徳天皇の霊を、京都に白峰神社を造って戻したが相変わらずここが廟地になっている。
白峰とした時点で、こことの縁が切れていない。


DSC06186s.jpg
この烏天狗は日本八大天狗の一人で崇徳天皇の守り神とされている。
天狗が権現になるのか。


DSC06188s.jpg
石段の中にある薬師堂。
大日如来が薬師如来の脇侍になっているはずだが見られなかった。
Captute Oneで明度を上げているが、既に電灯が点いており大分暗くなってきている。


DSC06189s.jpg

DSC06191s.jpg
本堂の右にある大師堂。
本堂を撮り忘れた。疲れて集中力が欠如している。


DSC06192s.jpg
本堂の左にある阿弥陀堂


DSC06197s.jpg
駐車場から直ぐの所にある十三重石塔は、源頼朝が宗徳天皇の菩提のために建立したと伝えられ、重要文化財である。

17時ちょっと前に寺を出たが、入れ替わりに駆け込んできた若いカップルが居た。
納経所が17時に閉まるので、真っ先に朱印を貰う為に小走りに門をくぐっていた。
どちらかの親(多分女性の方)から、健康上の都合でお参りする事が出来無いので代参を頼まれたのではないだろうか。
結婚する条件になっているのでは無いか・・・

脱煩悩!!!!


DSC06201s.jpg
これにて本日のお勤め終了。
88番大窪寺から81番白峰寺までの「第6回四国88箇所車遍路」を無事打ち終えた。


県道に出ると夕日の残照で僅かに瀬戸大橋が見えた。



[α7S+SEL24240]Capture oneで補正


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2349-e0ee3ad5
    この記事へのトラックバック