88番大窪寺~結願の寺から 四国88箇所車遍路(55)

2015年12月29日 16:20



11月24日
香川県は結願の寺大窪寺から逆打ちで廻る。
逆打ちだと団体と遭ってもその寺だけで済むからだ。

でも来年は逆打ちの年なのでどうなるかなあ。

四国88箇所車遍路第6回
日帰りで88番大窪寺から81番白峰寺まで廻る。


スケジュール
20151124b.jpg
※実時間(min)=(参拝時間の合計+寺間移動画時間の合計)×1.27+30


ルート





DSC05942s.jpg
8時8分88番札所大窪寺に到着
最後に来る結願寺だが、真念坊主が勝手に決めた順番を守る必然性は無い。
昨日の雨で紅葉が相当散ってしまったようだ。


DSC05975s.jpg
山門をくぐる。
造られたのは江戸時代と言われている。


DSC05976s.jpg
中に居るのは仁王さんではなく四天王のようだ。
2体だから二天門か。


DSC05945s.jpg
矢筈山を背景に本堂と、その後ろに多宝塔が並んでいる。
山岳宗教というイメージにピッタリだ。


DSC05948s.jpg
傾斜地を切り拓いた所にあるので、ここから見る境内はさぼと広くない。
不動尊の石碑がある。

DSC05951s.jpg
本堂と隣の阿弥陀堂の間に厄除け不動尊があった。
特に深い関係は無さそうだが、お遍路以外の人もやって来る。


DSC05956s.jpg
ここの本堂にも「ガラス戸」が仕掛けてあるが、今日は曇りなので写り込みが強くない。


DSC05953s.jpg
夜行列車で車窓の景色を撮る時と同じように、レンズをガラスに密着させて撮った。


DSC05955s.jpg
結願寺らしく、ここで杖を納めるようになっている。

大師堂が見あたらない。
本堂の右手に階段があってその上だという。
元々の境内だけでは手狭なので拡張したらしい。


DSC05961s.jpg
大師堂の横に立てられた大師像。
こちらは窮屈そうに堂宇が建っていたこれまでの境内と違って、本堂と同じくらいの大きさの大師堂がゆったりと建っている。


DSC05960s.jpg
お大師様も見られる。


DSC05958s.jpg
大師像の反対側には、奉納された金剛杖を納めるガラスの塔が建っている。
この杖は半年ごとに法要して燃やされる。


DSC05968s.jpg
拡張された側に、大きな山門が立っている。


DSC05966s.jpg
こちらは仁王門になっている。


DSC05967s.jpg
後ろの鐘楼と比べて見れば判るように、門の内側には巨大な草鞋が奉納されている。


DSC05971s.jpg
元の境内に戻って、本堂の後ろの多宝塔の下に行けないのかと聞いてみたら、本堂の後ろには立ち入れないという。
手狭なので仕方のない事だが、折角の多宝塔がもったいない事だ。


DSC05977s.jpg
山門の下には八十八庵という十割蕎麦の有名か店があるのだが、まだ腹が減ってこないのでパス。


DSC05980s.jpg
境内の下に大きな本坊が建っており、庭園の紅葉が美しい。あの庭は公開されているのだろうか。

[α7S+SEL24240]Capture oneで補正



P1020466s.jpg
長尾寺へ向かう途中、ちょっと車を駐めて撮ってみた。
来る時は緩い上り道で気にとめなかったが、大窪寺は結構な高さの山の中に建っていた。


[GX7+ LUMIX G X VARIO 12-35mm]


関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:88番大窪寺~結願の寺から 四国88箇所車遍路(55)

    てーあいさん

    読んで頂いて有り難うございます。
    お遍路の記事ばっかりなので、皆さん退屈で来られないのではないかと思っていました。


    現代のお遍路というのは、誰しも心の中に癒やしきれない葛藤を持って来られています。
    寺は、その点を全く判っていないか無視していると思います。
    伝統的作法にとらわれず、各自がそれぞれ独自の意義、価値観、そして方法論を持っていいと思っています。



    てーあいさんの写真を拝見させて頂いて、いつも、どうしてこのアングルを思いつけるのだろうと感心しています。
    目が点になるような写真で、来年も楽しませて下さい。
    ありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします。


  2. てーあい | URL | -

    Re:88番大窪寺~結願の寺から 四国88箇所車遍路(55)

    こんばんは。
    記事を読ませていただいていて、お寺と一口に言ってもそれぞれ特徴があるのだなあ、
    と、今更のような感想を持ちました。
    それぞれの特徴というより、それぞれの魅力と言った方がいいのかも知れませんね。
    お賽銭1円のエピソード印象に残りました。

    今年1年お世話になりました。ありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします!m(_ _)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2362-2614b584
この記事へのトラックバック