目覚めて見る夢~おそい初夢

2016年01月19日 10:49



木の下の陰に「あいつ」が立っている。
いつものような黒い上下の部屋着に、
足は裸足で、
顔は灰色がかって表情が無い。


「寒くないか」



夢かと思ったが、目は覚めていた。
毎朝お勤めの時にいつも「夢に出てこいよ」と語りかけているが、そううまくは出て来てくれない。
頭の中に像が浮かんだだけだった。


そういえばあいつは暑がりで、冬でも靴下をはいていない事がよくあった。
今まで思い出す事がなかったが、記憶の奥底に溜まっていたのだろう。


眠っているのでも、ハッキリと覚醒しているのでもない、その間の状態に現れた幻だった。









関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2375-40b08855
    この記事へのトラックバック