金子正輝プロがメンバー落ち

2016年02月20日 09:29



一昨年末にスカパー!プレミアムに「0円キャンペーン」で加入した。
専用のアンテナやチューナーを用意したのは鉄道チャンネルや、AXNミステリーのような、スカパー!e2では見られないチャンネルに期待したからだ。
しかし、半年も経つとあらかた見てしまって、今や番組表で探すのは麻雀番組だけになってしまった。

「モンドTV」で放送されている「モンド名人戦」は、50才以上の8人のベテランプレイヤーが年間に14回の予選と2回の決勝戦を戦う。
スポンサーである日本プロ麻雀連盟が出場者の選択権をもっているようだが、
別団体の最高位戦日本プロ麻雀協会からも会長の新津潔さんと副会長の金子正輝さんがずっと出場してきた。

第9回の出場メンバー
荒正義、小島武夫、前原雄大、土田浩翔、新津潔、金子正輝、森山茂和、沢崎誠
赤字は最高位戦日本プロ麻雀協会所属

2月23日から放送が始まる第10回では
荒正義、小島武夫、前原雄大、土田浩翔、新津潔、近藤誠一、森山茂和、古川孝次、

何と第1回から連続出場だった金子正輝の名前が消えている。
この中では強いプレイヤーではなかった。
常連の中で優勝していないのは金子と日本プロ麻雀連盟会長の森山茂和くらいなものだ。
しかし所属団体ではずっとトップリーグで戦い続けているので、決して弱いプレイヤーではない。
最近では、2015日刊スポーツ杯スリアロトーナメントで優勝している。

確かに試合巧者の荒正義とは正反対に、ここぞいう局でまくられて予選敗退している。
しかし、切る牌がなくて困っている表情とか、テンパイすると強打するクセとかで人気のあるプレイヤーである。
化け物のように上がり続ける前原雄大や、精密機械のような荒正義に比べて、非常に人間味のあるゲームを見せてくれる。
麻雀が好きで堪らないという口調で語るプレイヤー解説はもう一つの楽しみだ。


来シーズンには是非ともカムバックして欲しい、かけがえのないプレイヤーである。







関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2384-59cd8533
    この記事へのトラックバック