お掃除ロボット 2題

2016年03月02日 10:09



(その1)AIM-RC03

DSC06440s.jpg
確かに「ルンバ」は賢くて、綺麗にしてくれる。
しかし、ちと大きすぎるのではないか。
特に椅子の下に入れないのは致命的だ。
それでもカミさんは床にモノを置かないので良いが、こちとらは床の上にリモコンやらケーブルをいっぱいに拡げている。

最近は小型のも出て来ているようで、アマゾンで『ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03』
という長たらしい名前のを買ってみた。
ルンバの直径が35センチなのに対して23センチと2/3である。
これでちゃんと掃除できるのかと思ったが、どうしてどうしてなかなかやる。

掃除の為に片付けるのは面倒なので、床の上はちらかしたままでロボットが近づいたらそこだけどける。軽くて片手で簡単に持てる。
分厚い絨毯の上も平気で乗る。
机の奥までちゃんと入って積もった綿埃を取ってくれる。
綿埃以外にザラっとした粉のようなゴミも取れた。
8畳の部屋を10分程で完了。
週に一度こいつを走らせるだけで充分だ。
一度の充電で1月行けそうだ。
値段は5年前のルンバの1/10。福沢さん1枚で充分なお釣りが来る。
ナイスC/P





(その2)ブラーバ380j

DSC06441s.jpg
こちらはルンバと同じiRobot社の拭き掃除ロボット。
値段はルンバの1/3とAIM-RC03よりは高い

DSC06432s.jpg
小さいのでダイニングの椅子の足の「林」を縫うように動く。
その賢さは見ていて感激する程だ。

DSC06438s.jpg
ただねえ。
拭き掃除ロボットじゃなくて、「水塗り」ロボットなんだよね。
水のタンクを空にして、ウエットティッシュを付けてやるとちょうど良い。
でもね、細かいゴミを拭き取ってはくれないよなあ。
まあ、人が拭き掃除していた時も、その前には一応掃除機をかけていたからねえ・・・・・・。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2392-6c5da3c6
    この記事へのトラックバック