名松線復旧

2016年03月30日 08:09



台風被害で運休していたJR東海の名松線が26日、6年半ぶりに復旧した。

メディアのサイトは「喜びに沸く地元」という観点でしか書いていないが、
こんな記事もある。
 被災直前の名松線は年間約7億6千万円の赤字を出しており,復旧には17億円もの費用が掛かった。費用は約12億円を三重県と津市,4億6千万円をJR東海が負担した。経営が安定しているJR東海でなければ,復旧は難しかったに違いない。
(三日絵師のかすかだり)


名松線は、私も6年前にJR全線完乗のラストランとして乗った事がある。
松阪から家城までは通学の学生で賑やかだったが、バス代行の家城で乗り換えたのは僅か数人だった。
終点の伊勢奥津は、国鉄時代の建物が取り払われて閑散としていた。
名松線とあるように松阪と名張を結ぶ予定だったが、近鉄に先を越されて運輸機関としての命脈はすでに終わっている。
代行バスだって大きな道路を通らないないから遅れもない。
いすれ線路が引き剥がされて終わるものと思っていた。


その名松線が莫大な費用をかけて復旧された。
県と市といっても結局は交付金なので国税から支払われ、地元に大きくのしかかるような負担にはならない。
国も後送りの借金だ。

割りを食ったのは、赤字路線を背負わされたJR東海だろう。

代行バスでしか完乗していないので、そのうち鉄路を乗りに行かずばなるまい。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2412-160d94a8
    この記事へのトラックバック