楽天からショップが撤退する理由

2016年04月04日 09:37


最近、ネットで日の出製麺所の讃岐うどんをよく買う。

アマゾン、ヤフー、楽天、ポンパレモールの全てで、ギフトオンリーワンという通販ショップが専売している。
どこも条件は同じなのでポイントが残っているサイトで買っている。

楽天のポイントがあるので、買おうとしたらショップが無くなっていた。
他のマーケットでは従来通り営業しているので、ショップが楽天を見限ったようだ。


思いあたるふしがある。
この店の場合はカードが使えるから問題ないが、ネットショップでもカード決済の手数料を負担できず、振り込みか代引というケースが結構ある。
口座のある都市銀行なら振り込み手数料が無料なのだが、楽天は楽天銀行以外は使えなくなってしまった。
ここは面倒なネット銀行として口座を閉鎖したばかりで、楽天での買い物にしか使えそうにない口座は作らない。
結局カードが使える所しか利用しなくなった。


また以前からの問題だが、商品検索のオプションで「お勧め」以外の「値段の安い順」などを選ぶと、関係の無い商品が大量に出てきて閉口する。
オプションを払っている商品が検索ワードと関係なく出てくる仕組みのようだ。


こういう顧客無視の姿勢の所為で、楽天市場で買い物をする人の数が減少しているのではないか。
件のショップも、利用者減で効率の悪くなった楽天を切ったのではないだろうか。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2413-7551783d
    この記事へのトラックバック