日興証券の「もどき総合口座」~似て非なるもの

2016年04月25日 09:26



日興証券から、突然こんな葉書が来た。
nikkou1s.jpg

固定の担当者が居ないという事は、
何か注文する際、口座番号から、姓名・住所・生年月日等の個人情報をいちいち言わないと受付てもらえない。
また代表番号しかないので定時をすぎたら繋がらない事になる。
営業側も、自分の「成果」として固定できない客に商品を提案する等の営業をかける訳がない。
自ら対面営業を放棄する、総合口座であって総合口座でない「もどき」口座だ。

担当者を無くすというのは「担当者変更」にあたるのか。
タイトルからして詭弁で人を馬鹿にしている。
しかもこの口座は日興証券が強制的に決定するもので、客に選択肢はないという。

長い間殆どゼロ円で放置してあった口座だが、その間こんな事は無かった。
三津田某とかいう今度の営業担当の仕業だ。
向こうの進める手数料の高いファンドに手を出さないからだろう。


口座は即刻閉鎖した。


日興はホールセールをもがれ、ディテール部門しか無い片輪の証券会社だ。
個人の投資の中心がネットに移り対面営業は縮小する中で、営業要員が自分で自分の首を絞めるような事をするとは。

これでは1.5流の日興証券はいつまで経っても一流には戻れない。







関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2424-314885e0
    この記事へのトラックバック