晩春の庭の花

2016年04月29日 09:33



晴れると夏を思わせるような陽気になり、
モミジやサルスベリを害虫から守る算段をする時期になってきた。


DSC06523as.jpg
紫蘭が真っ盛りだ。
特に肥料をやることもなく鉢植えのまま放ったらかしなのだが、毎年今頃沢山の花を付けてくれる。


DSC06520as.jpg
マクロレンズなので花に近づいて撮ってみたけど、ん・・・・。


DSC06529s.jpg
紅花常磐満作(ベニバナトキワマンサク)の種が飛んで塀の際で芽を出した。
西日がずっと当たる過酷な環境だが、去年の夏を越した。
そして今年は小さな花を見せてくれた。


DSC06510s.jpg
君子蘭。
撮ったのは2週間ほど前で、今度は全体を撮ろうと思ったらもう花が落ちていた。


DSC06528s.jpg
鈴蘭にしては細長い花は、甘野老(アマドコロ)
「甘」という字があるのは、若芽や根茎は甘みがあって山形や青森で山菜として食べられる事から来ている。
野老と書いてトコロと読むのは、オリンピックのエンブレムをデザインした野老朝雄氏と同じだ。
東京生まれの東京育ちの人らしいがルーツは東方地方なのかもしれない。



[α7S+LA-EA4+SAL50M28]





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2425-c1ba5c47
    この記事へのトラックバック