Nik Collection

2016年07月13日 09:37



Nik Collectionというレタッチプラグインをグーグルが無料で使えるようにしている。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/

Photoshop、Lightroom、Apertureのプラグインとして使えるらしいが、そんなものあったかなあ。

出て来たのはスキャナーか何かにオマケで付いてきたPhotoshop Elements
サイトにはVer9~13が対応しているとあるが、これはVer2。2002年のタイムスタンプがある。
「賞味期限切れ」もいいとこだが駄目元でやってみる。

Photoshop Elementsをインストールした後でNik Collectionを入れたが、『対応ホストアフプリケーション』のボックスには何も出てこない。
Elementsの入っているディレクトリを参照して選んだ。

Photoshop Elementsの編集→環境設定→プラグイン・仮想記憶ディスクの追加プラグインディレクトリにNik Collectionを参照して選択した。
Windowsをリセットすると、「フィルター」の中にNik Collectionが出て来た。

DSC03211s.jpg
オリジナル

DSC03211dramatics.jpg
全部で7つある中のHDR Efex Proというセットの中の「ドラマティック」というフィルター


DSC03211eosummers.jpg
同じく「夏の終わり」。フムフム。


eosummers.jpg
画面の右のカラムには、フィルターを作るパラメーターが表示されているので、ここから更に画像を追い込んでいく事も出来る。


「油絵風」とか「水彩画風」に仕上げるフリーソフトはよくあったし、デジカメにはより高度な画像加工ソフトが内蔵されている。
しかし、撮っている最中にどんな加工をしようかなぞとは中々思いつかない。
またJGPしか残せない仕様のものが多く、オリジナルを残せない。
本当は後でRAWからPC上でいろんな加工をして見たいのだが、それができるのはオリンパスの「OLYMPUS Viewer 3」だけのようだ。
JPG加工の為にオリンパスのカメラを買うのは本末転倒だし、
何より「てーあいさん」によればオリンパスは初期不良の多いメーカーのようなので、食指が伸びない。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2463-958d17a5
    この記事へのトラックバック