あいつのパソコンが壊れた (4) ティップス~クーラーファン2題

2016年08月03日 09:36



あいつのパソコンのファンの音が耳障りだ。
CPUがアイドリングの状態でも2600rpmで回っている。

P1020803s.jpg
型番で調べると、80mmと小口径の為1500~3500rpmも回る高回転ファンだった。普通は2000rpmを越えると煩く感じる。
コンパクトな薄型デスクトップを机の上に立てて使うと、頭の横でファンが回る事になる。

ftd8015titan.jpg
折角、ヒートパイプと放熱フィンがCPUの熱を奪ってもファンが小さいと、放熱フィンの熱を外に逃がす事が難しい。

ファンの大きさはピーカーの口径と同じで、大口径スピーカーが同じストロークでも大量の空気を動かせるように、
大きなファンのほうが同じ回転数でも大量の空気を移動できる。

P1020796s.jpg
もう一回り大きなファンは120mmと随分大きくなる。
ファンがフィンからはみ出してしまうが、インシュロックでクーラーの足に締め付けて固定した。


P1020794s.jpg
「LEDファン」とあるのが何の事やら分から判らなかったが、LEDでファンを照すという事だったのか。

P1020800s.jpg
今の時期クーラーをつけないと夜でも32℃くらいあるが、アイドリングで1100rpmだった。
いつでも原状復帰できるよう、ファンと固定金具は大事に保管した。



もう一題は私のパソコンのファン。

CPUの温度が90℃を越えた
事があった。

DSC04167s.jpg
綿ボコりがフィンの板と板の間に押し込められるようにして貯まっていた。
ファンを外すのが厄介なので、羽根の間から無理矢理掃除機のノズルをつっこんで吸いとるしかない。

今度もいつに間にか75℃まで上がっていた。
貯めると厄介だから貯まらないようにしたい。

DSC04171s_20160726121724a96.jpg
リテールファンの径は92mmなので、120mmファン用の交換フィルターをファンの口にあててインシュロックで留めた。

多孔質のウレタンフォームなのでちょっと何か当たると破れてしまう。
適当な大きさのボリオレフィンフォームが手にはいればいいのだが。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2471-e67240f7
    この記事へのトラックバック