GX7mk2のフォーカス合成

2016年12月28日 14:57



2016-12-24_093847s.jpg
ワンショット

P1110002s.jpg
フォーカス合成

ワンショットだとジュース缶以外はボケるが、フォーカス合成だとキーワードやマウスぐらいまで焦点が合う。
こういう場合は、ワンショットで物撮りしたほうが良さそうだ。

フォーカス合成には三脚を持ち出さなくとも手持ちで充分だった。


P1110014s.jpg
フォーカス合成が効果を発揮するのは、対象がこんな奥行きのある場合。
周りの余計なものを入れないようにするには、できるだけ開放で撮った方が良いが、正面にしかピントが合わない。


P1110015s.jpg
F1.4からF5.6まで絞ると1両目までは焦点が合ってくる。


P1110016s.jpg
F11まで絞ると辛うじて全体が見えるが、その代わり余計なものまで写り混んでくる。


P1110013s.jpg
フォーカス合成にすると2両目まではF11に絞った時より更にシャープなのに、背景はF1.4並にボケている。
物撮りにもってこいだ。


P1110011s.jpg
しかしF4.5でフォーカス合成すると、車両だけでなく部屋全体にもピントが合ってしまう。
カメラの絞り値によってフォーカスの移動量を変化させているのだろう。

フォーカス合成による物撮りでは、明るい焦点深度の浅いレンズを開放で使うのが良さそうだ。


[GX7mk2+SUMMILUX 25mm/F1.4] 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2526-e9d0e92e
    この記事へのトラックバック