「あいつ」からのダメだし

2017年02月02日 14:24



あいつの小説を本にしようと計画している。
学生時代に下宿していた先のお嬢さんのツテを頼っている。
打ち合わせを兼ねて4日に、下宿で相棒だった名大名誉教授と3人で
京都で昼食しようというお誘いがあった。
彼には、あいつのアカデミックポジションへの就職を依頼した事もある。
あいつは親の世話になるのは嫌だからと断った。
私には黙っていてくれと頼んだ事は後で知った。


約束した後で腰痛が出てきた。
今度のは冷やしても、温めてもダメ。
少し動けるようになって、可動範囲をひろげようと軽く動かすと痛みが更に増してくる。
ドタキャンで迷惑かけてはいけないので、早い目にキャンセルの連絡をした。


ところがその後ロキソニンを飲んで寝ると楽になってきた。
これならと思い始めていると、寺から電話があった。
都合で午前11時の予定を午後1時からにしてほしいという事だった。

ガーン!
4日は月命日のお参りがある日だった。
隔月なのでウッカリしていた。
元の時間なら何とかなったかも知れないが、これで完全にアウト。


腰痛は「俺のお参りの日を忘れるな」というあいつからのメッセージだったのか。
先ほどの電話は・・・ダメだし!
「ダメじゃん、おやじ」






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2538-ddbeec10
    この記事へのトラックバック