ヘルムート・ヴァルヒァの平均律 EMI録音

2017年04月17日 10:31



「あいつ」の病気が発覚して以来、クラシックは単なる音に過ぎず何の癒しにもならなくなった。
年間数百枚買っていた事もあったのに、ここ数年は1枚も買っていないし真空管アンプに灯が入る事も絶えて久しい。

その中で唯一バッハの平均律だけは何も考えずに聴いていられた。

先日、HMVへのショートカットはまだ生きているのかとクリックした時に、ふと「ヴァルヒャ 平均律」を検索してみたらこのCDが出てきた。

walchabachs.jpg
[Celestial Harmonies19926 ]


初めての平均律はヴァルヒャの1961年EMI録音のLPだった。
彼はその後1974年アールヒーフに再録音しているが、当時はまだでていなかった。
新旧の違いはアンマーチェンバロかピリオドかという楽器の違いだった。

日本プレスでなく自分で輸入したEMI盤だったのだが、LPの処分を始めた時に売ってしまった。
後になって、あの硬質のチェンバロの音をもう一度CDで良いから聴きたいと思ったが、
旧録音どころかアールヒーフの新録音さえ廃盤の状態だった。
これに懲りてLPの処分はストップした。


モダンチェンバロでの演奏を騒々しくて下品だとか、バッハの時代にはなかったと言う人もいるが、私は倍音が豊富で豊かな音のモダンチェンバロも好きだ。
騒々しくて下品というのは演奏者の問題であるし、バッハは楽器も速度表記(例外はあるが)も指定していない。
モダンチェンバロやピアノを知っていたら、好奇心旺盛な彼は数多くの曲を現代楽器向けに残したに違いない。

LPで聴いていた時は、帯域を広くとらない録音でやや硬質ながら滑らかさのある音だった。
今、デジタル化された音を聴いてみると、あれはEMIのプレスに依るものだったようだ。

ピリオド楽器は余韻が短いのでテンポが速くなりがちだが、モダン楽器では余韻が長くとれる。
50年以上前の録音だが、悠楊迫らぬテンポで淡々と繰り出されるバッハは、現代の奇を衒った演奏とは一線を画すものだった。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2549-d04d6415
    この記事へのトラックバック