独断専行ネットバンク比較評価

2017年04月11日 07:37



かってはジャパンネット銀行だけだったネットバンクも随分と数が増えてきた。
最も使い勝手の良いネットバンクはどこか調査した。
最終的に候補に上がったのはジャパンネット銀行、住信SBI銀行、ソニー銀行、新生銀行、大和ネクスト銀行の5行。

netbankas.jpg


1. 開設方法 ログイン

住信SBIとソニー銀行はネットから申し込む時にも本人確認の書類は必要なく、
クレジットカード同様本人限定郵便で受け取る時に確認書類を呈示する。
ジャパンネット銀行は免許証画像をスマホから送るやり方。

新生銀行の口座開設とログインの方法は一寸面倒だ。
所定の封筒を印刷して郵送する方法では、本人確認書類に免許証以外に公共料金の領収書が必要で、尚且つ氏名と住所が無くてはならない。
今時、住所を印刷する電力会社や都市ガス会社なんて無い。
スマホで免許証の画像を送る方法では、更にサインか印鑑の画像も必要だ。
小さくても地べたに支店網を持つ銀行は煩い事を言う。

開設後、ガイドブック、キャッシュカードと乱数表、初期暗証番号の3種類の書類がバラバラに届けられる。

ログインに支店番号と口座番号、パスワードが必要なのは普通だが、暗証番号と乱数表からの文字入力も必要。
ログインして残高をチェックするだけで、どんだけ手前とらせるんだ。

また他行からの入金でTポイントが付くというサービスがあるが、これも毎月Tポイントにエントリーしないと付与されない。



2. 提携ATMからの無料出金

都市銀行はどこも50万が上限だが、郵貯銀行とネット銀行は200万まで設定出来る。
入金はどこも完全無料だが、ジャパンネット銀行だけは、3万以上という括りがある。
その代わり3万以上であれば出金も無制限で無料になる。

ここでは新生銀行がベストで、都市銀行・郵貯・コンビニとどこでも回数無制限で使える。

ソニー銀行は4回あって普通はこれで足りる。

住信SBIは預金高で決まる「ランク」で回数が分かれる。

大和ネクスト銀行はセブン銀行のATMしか無料にならないのは不便だが、證券口座のオマケみたいなものなのでやむを得まい。
セブン銀行以外のATMを無料で使いたい時は、他行でも本人名義の口座であれば無料回数無制限で振り込めるので、そちらの提携ATMを使うという手がある。

*三井住友銀行には、残高30万以上で月4回郵貯ATMから無料引き出しできるサービスがある。


3. 無料振込

他行他名義口座へ無料で振り込めるのはネット銀行だけにあるサービスだろう。

大和ネクストが頑張っていて無条件で3回できる。

新生銀行なら100万の預金残高で5回、住信SBIなら100万で3回、300万なら7回無料になる。

また、ジャパンネットとソニーは同行口座なら24時間リアルタイム振込可と、ネット銀行の特色を出している。



4. 特別金利

住信SBIとソニー銀行は期間限定で普通より高い金利の定期預金高を募集している。

住信SBIと新生銀行は口座開設時のみ特別金利の3ヶ月定期がある。
殊に新生銀行は常時設定している。

これらは12-2月、6-8月のボーナスをねらった商品で、次にも有るとは限らない。
その時は大和ネクストが次善の選択肢になる。


5. 総合ランキング

1位.住信SBI銀行
条件付きではあるが、実用的な回数で無料提携ATM引き出しと無料振り込めができる。
特別金利の定期預金による貯蓄性もある。

2位.新生銀行
全国のATMで現金を引き出せ、お財布口座として最適。

番外 大和ネクスト銀行
證券口座を開設したら付いてくるネットバンクで、キャッシュカードさえ證券カードで代用しているが、
無条件の無料振込があり、定期金利もやや高めに常時設定されている。
證券口座を持っていれば口座登録していなくても、三菱・三井住友・みずほ、郵貯、ジャパンネットの自口座からはネット振込が無料で出来るので、
大和ネクスト銀行を介してこれらの銀行から3回無料振込ができる事になる。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2551-c89e18c9
    この記事へのトラックバック