SPACEWARP3500

2017年05月28日 12:49



DSC05001s_201705261547439ab.jpg
鋼球が平行チューブのコースを回り、ギミックを通って下まで行くとエレベーターに乗って天辺に戻り、また落下していく。
今頃こんなオブジェを組み立てる事になるとは思わなかった。


「あいつ」は窓際にオブジェをいくつか飾っていた。
横浜から引き揚げてくるときに確認したが「いい」というので置いてきた。
メールで買った時期を調べたら、どれも独身寮からマンションに移った2006年頃だった。
新しい自分の城を飾って満足度の高い日々だったのだろう。それで敢えて持って帰らなかったのかもしれない。
そう思うと居ても立ってもいられなくなって、マンションを買い取ってくれる不動産屋に頼んで送って貰った。

荷を開けてみると、何と埃まみれだった「ジェットコースターみたいな」オブジェは分解されて綺麗に掃除されていた。
室内のスナップ写真を元に復元を試みたが、その積もりで撮ったものではないので全く役にたたない。

DSC05002s.jpg
30年も前に発売されたものだが、根強い人気に10年前にバンダイから再発売されたSPACEWARPというシリーズで、今でも「新品」が取引されている。
幸いな事に法外な値段で新品を買うこともなく、外箱が少し草臥れた未開封の中古が手に入った。

取説と首っ引きでなんとか復元した。スナップ写真だけではとても元には戻らない。
「留め具」は陽に当たって脆くなり壊れてしまうものがあったが、白い「線路」はそのまま使えた。ベースやエレベーターも使ってないのでもう1台組めるくらい残った。


DSC05003s_201705261547422da.jpg
一緒に送って貰った猫ちゃんは「夢ねこヴィーナス」というロボットだったが、壊れているようで電池を入れても全く反応しなかった。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2566-8cdebd14
    この記事へのトラックバック