今年もアブラムシが

2017年05月26日 11:27



「5月下旬」になると毎年サルスベリにアブラムシが大量発生する。
越冬してる奴を根こそぎやっつけたいが、まだ生態は完全には解明されていないらしい。

DSC07249s.jpg
まだ幼虫のから

DSC07253s.jpg
成虫まで、柔らかい若葉にたかって養分を吸い取ってしまう。


ここ数年スミチオン+モスピランを今頃から3週連続で散布して成功している。
尤もそれでも8月になれば黒い点が木いっぱいに広がっているが、葉は青々と繁って彼らの排泄物でドス黒くなるような事は無い。


テントウムシが飛んでいたので微かな期待を寄せたのだが、日に日に増殖している。
彼らの蜜を受け取る蟻の行列はまだ見られないが、今年第1回目の散布を行った。


[α7S+LA-EA4+SAL50M28]


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2569-e2f26d03
    この記事へのトラックバック