新電力に異変~関電値下げ

2017年08月02日 11:49



8月1日から関西電力が値下げした。
しかし、裏でコッソリ値上げした事はあまり報じられていない。


電気料金は契約容量や使用量に基づく部分以外に、燃料費調整額、再生エネルギー発電賦課金から成っている。
燃料費調整額はマイナスで推移してきたが、関電は値下げと同時にこれをプラスにした。
金額でいうと-2円30銭から8銭になった。

僅かな額のようにみえるが、これが使用量1kw毎に掛かってくる。
電気代比較に使う我家の年間使用量は8563kwなので20,380円になる。

今回の単価の引き下げは約80銭だから、本来の値下げ分の3/4を燃料費調整が食ってしまった事になる。


shindenryoku2017.jpg

「基準値」が変ったので、新電力の年間節約額も変わってくる。
価格.comにはわが家の電力使用量12カ月分がインプットされていて、直ぐにそのランキングが表示される。
これまではスマ電がトップだったが、なんと10位にまで下がっていてる。
詳細に見てみると、燃料費調整を関電に合わせていない電力会社が上位に入っていた。

これを修正すると本当にスマ電より安いのは、Looopでんき、奈良電気の2社だった。
この2社は今回の関電に合わせて値下げを行っている。


Looopでんきは基本料金がなく使用量に依存しない単価だけのシンプルな料金システムだ。
その単価を25円から一挙に3円下げて22円にした。
その結果、値下げ前と同等の料金差を確保している。
スマ電も値下げをしてくれれば良いのだが、既に解約手数料が課せられる期間は過ぎているので、
Looopでんきに乗り替える事にした。

HPでは相変わらず新電力からの移行は出来ないとなっているが、サポートに電話してOKである事を確認してWebから申し込んだ。

供給地点特定番号でこちらのメーターは分かるはずだが、スマ電からの移行という情報はない。
eo電気からスマ電への移行では電話で直接伝えたのだが、果たして今回は・・・。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2592-339f26bb
    この記事へのトラックバック