北海道フリーパスで一挙完乗 第7日 その3 函館本線

2009年07月06日 19:02

2009/06/13

函館本線は、旭川から札幌を経由して小樽までの複線電化区間、小樽から長万部の単線非電化区間、長万部から函館までの複線非電化区間(単線区間も混じる)の3つの区間に分かれている。これから長万部から函館までの複線非電化区間を走り、明日は小樽から長万部の単線非電化区間を走る。


P1010424.jpg
駅に近づくとチンコンチンコンと音がする。各駅のホームにこんな小さな踏切がある。
単線区間では、殆どの駅で片側のホームしか使われない。複線なので、列車が近づいたら向のホームへ行かないように注意を喚起しているのだろう。本来なら跨線橋が使われるのだけれど、山が迫っていて跨線橋を造る余地がない。この区間だけに見られる風景のようだ。


P1010431.jpg
今日は頂上に雲が無く、二瘤になった駒ヶ岳の姿がよく見える。
森駅で長時間停車する(17:34着、17:56発)ので駒ヶ岳を撮っていると、函館方面から貨物列車がやって来た。非電化でも幹線区間だけあって貨物列車がよく通る。



P1010432.jpg
貨物列車が去って暫くすると、反対側から長い列車がやってきた。また、貨物列車の通過かと思って眺めていたら、トワイライトエクスプレスが重連のディーゼル機関車に曳かれてやってきた。札幌を14:05に出た函館へ向かう上り列車だ。函館でディーゼル機関車を切り離し、方向転換して青森へ向かう。
洞爺以降は函館まで通過してしまうので、森の通過予定時間は分からない。遅れがないとすると、札幌からここまで3時間半もかかっていて、他の特急よりかなり遅い。


今回は不思議な巡り合わせで、全く意図していなかったのに、トワイライト、北斗星、カシオペアと出遭った。

P1010455.jpg

P1010457.jpg
翌06/14に函館駅で、6:42発の下り札幌行き北斗星が、電気機関車からディーゼル機関車重連に付け替えられて発車していくのを見送った。


P1010483.jpg
翌々日の06/15に苫小牧駅で、室蘭本線の岩見沢行き普通列車の発車を待っていると、ホームの反対側に8:33着の下り札幌行きカシオペアが入線してきた。最初は派手な外装の列車だなと見とれてたが、ひっょとしてと時刻表を繰ってみて、カシオペアと気づいた。カメラを向けたときは最後尾の車両だけが視野にあった。


shindaitable2.jpg
この3列車の函館と青森での「挙動」は3者3様で興味深い。

「北斗星」は函館でディーゼル機関車と電気機関車の付け替えを行う。ところが青森駅には入らない。油川と東青森の間にある信号所を経由して東北本線に入る。

「カシオペア」は函館、青森の両駅でスイッチバックという最も線路に従順な運転をする。

私が見送った「トワイライトエクスプレス」は、18:30(推定)という充分客扱い可能な時間帯であるにも拘わらず、函館駅には入らずに五稜郭を通過して海峡線に向かう。という事はディーゼル機関車のまま海底トンネルに入るのだろうか?
それは無いだろうから、時刻表では通過になっているけれど五稜郭駅で付け替えるのだろう。
本州に渡ってからも、青森駅には入らずに北斗星同様信号所でスイッチパックして奥羽本線・羽越本線に入り、翌朝4:33新津まで停車しない。


P1010439.jpg
森からは、勾配を避け、海岸線沿いに駒ヶ岳の裾野を迂回する通称砂原線に乗り入れる。
家はちらほら見かけるが、夕暮れが近いのに、沿線の人家に灯りが点っていない。この駅では駅前で建物が倒壊したまま放置されている。
鉄道以外にアクセスが難しく、まわりに人が住んでいない駅が「秘境駅」として人気を博しているが、砂原線では実質的な秘境駅が続いている。


P1010442.jpg
流山温泉駅には、何故か東北新幹線が3両放置されている。
客集めに廃車を譲り受けたのだろうが、至る所から錆びが浮き出て哀れな姿になっている。
宮脇さんが、片道最長切符を手にして砂原線を通ったのは昭和53年だった。東北新幹線はまだ開通していない。その4年後に開通した新幹線の車両が、廃車となりここで朽ちかけて、宮脇さんは既に鬼籍に入ってしまった。歳月人を待たず。時は残酷に過ぎ去っていく。




ホテルグランディア函館駅前  大浴場有り 素泊まり6900円
ルートインホテルズの傘下に入っているが、元々は独立した経営らしく無料朝食は付いていない。
13階の大浴場から函館の夜景が見られる。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/889-4c01818c
    この記事へのトラックバック