大起水産回転すし  東部店

2009年07月24日 19:34

都寿しのリベンジと云うわけでも無いけれど、前から気になっていた回転寿司に行ってみた。

回転寿司は、くら寿しで「卵焼きのシャーベット」を食わされて以来敬遠していた。
口に入れると卵が冷たいばかりでなく、シャリシャリする。冷凍をちゃんと解凍しないでベルトに乗せていたのだ。卵焼きまで冷凍か!!。皿にICを付けて新鮮さを管理していると云うが、それは解凍後の話。調理してからどれだけ時間の経った物を食わされるか。調理場が客から見えない回転寿司では、中で何をされている分からない。


R0012348.jpg
大阪を中心に活魚流通センターを経営する、大起水産直営の回転寿司チェーンである。
東部店は、東部卸売り市場とJR貨物の百済駅操車場の間という、やや不便なところにある。


R0012347.jpg
その代わり、ネタは凄く良い。チヌやヒラマサ、太刀魚に金目鯛といった回転寿司ではお目にかかれない魚が出てくる。ズワイガニには殻が着いている。

回転寿司としては少し高いので、お子様づれという訳にはいかない。しかし普通の寿司屋では、お代が気になるようなネタをドンドン注文できる。ネタの鮮度やボリュームも高級寿し店に負けていない。客の目の前で作られているのも安心できる。


ネギトロ、ズワイガニ、本マグロトロ、シメサバ押し寿司、金目鯛を食べて、お代は先日と1円違いの1891円。十二分に満足して帰った。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/903-28fa2788
    この記事へのトラックバック