折尾駅を目指して中国地方2泊3日の旅 第3日 その2 折尾駅

2009年10月02日 16:46

2009/9/12

折尾駅へは今年の4月、九州完乗を目指して筑豊本線の折尾-若松間を乗車した時に降りた。
日本初の立体交差駅という知識はあったが、乗り換えが7分しかなかったので、駅舎すら満足に見ていない。いつか又来ようとは思っていたが、今年10月以降に駅全体の高架化のため解体(場所は未定だか保存はされるらしい)される事を知り、急遽今度の旅を計画した。


orioeki.jpg
駅の構造はこのようになっている。
東西に延びる鹿児島本線高架の下を、筑豊本線が南北に走っている。


P1010919.jpg
地図に東口とある場所が駅舎の正面になっている。


P1010903.jpg
鹿児島本線のホーム。大きな屋根を複雑に梁を組んで支えている。


P1010904.jpg

P1010905.jpg

P1010906.jpg

P1010907.jpg
地下駅と見紛う1階の壁やアーチ天井は煉瓦張りになっている。


P1010911.jpg
1階の筑豊本線ホームから、若松方面を見る。
ガードの上が鹿児島本線。


P1010914.jpg
職員用の理髪所がホームにあるのもこの駅が出来た時代を感じさせる。一般の人も利用できるらしいが、駅改修後は存在しないだろう。


P1010915.jpg
改札を出た待合所。高い天井を支える柱と円形ベンチもオリジナルのまま。


P1010923.jpg

P1010921.jpg
もう一つの折尾駅。立体交差を通過せず筑豊本線の直方・飯塚方面へ向かう短絡線上にある(地図Aマーク)。短絡線(鷹見口)のりばは、6番・7番ホームということになっている。


P1010920.jpg
短絡線の踏切を渡ると、3連のアーチが現れる。
西日本鉄道の折尾-黒崎を結ぶ路線が2000年までこの上を走っていた。


P1010927.jpg
駅前広場から鹿児島本線のガードを潜って、駅の北側へ出る。
若松行きの列車が発車を待っている。


P1010928.jpg
こちら側にも入り口がある。


P1010929.jpg
筑豊本線2番ホームからは駅舎の裏側が見える。


P1010908.jpg
再び鹿児島本線のホームへあがると、マニアらしき人が何人かカメラを抱えてスタンバイしている。
無くなろうとしているこのホームを撮ろうというのか?


P1010930.jpg
しばらくして謎が解けた。「はやぶさ」のヘッドマークをつけた列車が入線してきた。
はやぶさは今年3月で廃止になったが、以後何度か九州内だけでリバイバル運転をしている。
知らなかったかが、たまたま今日が運転日に当たっていたようだ。
九州内だけでは夜行運転は出来ない。せっかくの寝台車だがヒルネでの利用になる。それでも座席は埋まっていた。来月はいよいよ解体が始まる。これが最後の運転なのだろう。


P1010932.jpg
この駅は売り子さんがホームで東築軒のかしわ弁当を売っている。
それも今月限りというから、弁当を買おうと思っていたが姿が見えない。
ホームの東築軒で天ぷらうどんの大盛りを食べた。
ここにもそぼろになったかしわが入っている。
うどんはゆで麺でなく、ちゃんと冷凍を解凍していた。
500円で、旨かった。


一階へ下りて、筑豊本線で直方に向かう。
この駅を鹿児島本線、短絡線で通過し、ここから若松面へは乗ったが、直方方面には乗っていない。厳密に言うと、短絡線と交差するまでの線路が未乗になっている。
短絡線からの発車列車を見送って、折尾駅発の桂川経由福岡行きに乗った。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/972-ac494092
    この記事へのトラックバック