Mclntosh がやってきた

2018年05月21日 07:11



先週末は金曜、土曜と大学の同窓会の連チャンだった。
尤も学科内の同級生が主で関西在住限定の上、連絡が来たのが火曜日と間際だったので、2日とも5人しか来られなかった。
50年ぶりの再会だったが、変わったのは白くなった髪の毛だけで直ぐに判った。


その間にMclntosh mc152が送られて来た。
50年前、アルテック、JBL、マッキントッシュはアメリカンブランドの御三家、高嶺の花だった。
マッキントッシュといってもi-phoneのマックとは違う。あれはMackintosh。

JBLはカーステに進出してロープライスの物も多く、今もポピュラーだが、アルテックは活動を終えた。
マッキントッシュは資本こそ変わったが、デザインを変えずに続いている。

真空管アンプやプリメインアンプもあるが目当ては変わらぬ顔の石メインアンプ。
一部のプリメインを除いて伝統的にマッチングトランス付が付いている。
石アンプにOPTトランスは必要ないが、インピーダンスをマッチングする事でスピーカーのインピーダンスが変わっても出力の増減がない。
2ΩまであるからP610Aの16Ωなら8個パラに繋げられる!

上は出力1.25KWなんてバケモノもあるが、出力に応じて価格と重量が増えてくる。

最軽量のMC152でさえ34kgだ。
この時点で候補は決定してしまった。出力は150W。

DSC05399s_20180520160656462.jpg
3人がかりで階段を上げ、外箱、内箱をとると、底が木の板にネジ止めされていた。


DSC05401s.jpg
漸く御対面


DSC05402s.jpg
所定の場所まで移動するために、富嶽鉄道のレールを外して引きずっていった。


DSC05403s.jpg
ビニールの袋を破ると御守りみたいな物が入っていた。乾燥剤だった。
メイドインUSAにこんな細やかな気配りはない。
製品の多くが日本向けで、代理店からの指示が行き渡っているのだろう。


DSC05405s_20180520160703b23.jpg
タンノイや入力セレクターとの結線を済まして、
ラックの最下段に収めるのが最後のハードルだ。


DSC05404s_20180520160701c16.jpg
その前に音出しをして異常のない事を確認。
フロントパネルが汚れているように見えるのは、ガラス製のパネルに絨毯の模様が映りこんでいる為だ。


DSC05413s.jpg
やっと作業終了。
手前のターンテーブルは、重いアンプを回転させて背面の端子入れ替えをするために買ったのだが、MC152が大き過ぎて足がはみ出てしまう。


DSC05415s_20180520175808ba0.jpg
MC152に追い出された、100W級真空管アンプ「不死鳥」はセンターコンソールへ移動。ただし発熱が大きいのでここでの使用は、?。


幸い、組合せるタンノイヨークミンスターの最大入力が150Wで、過大入力でボイスコイルを焼き切る心配はない。
とはいえ94dB/wのスピーカーに150Wをぶち込んだらどんな大音量になる事やら。


50年前は購入対象から遠く離れていたので、仔細に聴いた事はないが、もっと図太い音だった印象がある。

さらっと聴いた限りでは、
1.細かい音をよく拾い上げ少音量でも輪郭が崩れない。
2.出力が大きいので大きな信号も余裕を持って再生され、聴感上のダイナミックレンジが広い。
3.少音量では滑らかで意外と聴きやすいが、真空管アンプばかり聴いてきた耳には大入力時は硬さを感じてしまう。
4.低域の量感はさすがにタップリとして分厚い。

冥途の土産にとマッキントッシュのメインアンプを買ってみたが、重量制限で最廉価機種になった。
(普通のブランドなら中高級ゾーンなのだが)

エージング後に果たしてどんな結論になることやら?


1ギガコースに変更したけれど~wifiの速度向上

2018年05月18日 06:11



近頃ではネット閲覧には専らタブレットを使っている。
wifiのダウンロード速度は25Mbps位で程々なのだが、
もう少し上がらないかとバックボーンのeo光回線を100M→1Gにアップしてみた。

料金を聞くと月額279円上がるだけで、しかも今はキャンペーン期間中なので変更手数料3000円が無料だという。

既にルーターは1G対応になっていて、ネットからログインして変更すると、20分程で切り替わった。


speed1.jpg
googleで速度を測定してみた。
何だ100Mしか出てないじゃないか。
以前は上がりは45位だったが、下りは90位と、100Mの理論値近いスピードだった。

100Mの時は専用回線だったのが1Gは近隣と共用である。
年寄りばっかの地域なのに意外と使われている。


speed2.jpg
こんな懐かしいサイトもまだ残っていたか。


speed4s.jpg
eo光の1ギガ専用サイトで計っても同じ。



speed3.jpg
タブレットの方は、
上がりは変わらず下りが20台から40に上がった。
これは体感でもちょっと上がったと感じられる。


まあ値段相応の効果だった。

無線ルーターになっているバッファッローのG302Hは旧い型なので、これがボトルネックになっている可能性は高い。
しかし珍しく長期間動いている(何度もリセットはしたが)バッファローの製品を、替えると又トラブルの嵐に見舞われそうな気がする。




百寺巡礼(4) 箸蔵寺(徳島)

2018年05月15日 07:12



DSC07761s.jpg

四国別格二十霊場第十五番札所へはこのロープウェイで行く。
四国88箇所に20加えて108と駄洒落のような札所を回る気はないが、このロープウェイはJR箸蔵駅から近く、乗り鉄としても行っておきたかった。
八栗寺、雲辺寺、太龍寺と合わせて、四国ケーブルで参拝用に運営されている索道・ケーブルは全部乗った事になる。
尤も鉄道事業法の認可を受けている、即ち私鉄全線完乗に必要なのは八栗寺のものだけだが。


DSC07763s.jpg
雲辺寺や太龍寺のと比べると随分小さい。


DSC07765s.jpg
途中で仁王門のそばを通る。


DSC07810s.jpg
なかなか立派な門だ。
車でここまで来られるが、このあと30分も山道を登らないといけない。


DSC07808s.jpg
参道が見える。この先に石の鳥居がありさらに進むと赤い鞘橋があって、神仏習合の跡が見られるのだが。


DSC07812s.jpg
吉野川を見下ろしながら、370mを5分で登ってしまう。


DSC07770s.jpg
駅を出ると直ぐに中門がある。
本尊真言宗御室派の別格本山とある。
御室派の総本山仁和寺には代々皇族が門跡として入っていた。
なので金毘羅大権現を本尊とする神仏習合の寺でも、廃仏毀釈に会わなかった。
反対にここを奥の院として「本家」金毘羅大権現を有していた松尾寺は、強制的に廃寺に追い込まれた。
当時の住職は多くの仏像が壊されるのを余所目に、金毘羅宮の神官に収まったという。


DSC07771s.jpg
中門をくぐるとすぐに本坊がある。この寺の重文一つ目。


DSC07805s.jpg
手の込んだ装飾がされている。


DSC07772s.jpg
本坊を回ると護摩殿。重文二つ目。


DSC07775s.jpg
護摩殿を横切って石段をあがると、ぼけ除け観音がある。
帰りにお参りしとこうと思ったが、ロープウェイの時間が迫っていたのでパス。マズかったかな。


DSC07777s.jpg
観音様の横の石段を上がると鐘楼堂がある。重文三つ目。


DSC07780s.jpg
ロープが垂れているので突けるのかと思ったが、ロープの動きが封じられている。

DSC07781s.jpg
200段以上あるこの石段を上がると本殿がある。
下から徒歩でお参りに来た人にはなんて事のない石段だが、一気には上れなかった。
3年前、切旛寺の333段は一気に上がれたのに。
これでは長命寺の800段をリベンジするのは無理だ。
毎日30分ランニング相当のエアロバイクでは不足か。


DSC07782s.jpg
石段の途中に大師の修行像があって、その向こうにお堂がある。


DSC07784s.jpg
四つ目の重文薬師堂


DSC07786as.jpg
ようやく本殿到着
勿論五つ目の重文


DSC07788s.jpg
ところが、格子で中へは入れない上に、お灯明やお線香を上げる場所がない。
お守りを売っている人に尋ねると、ロウソクだけは受け取って中のお灯明立てに立ててくれた。


DSC07790s.jpg
権現は神だから、中へ入っても鏡が置いてあるだけだろうけれど。


DSC07792s.jpg
普通の権現造りより複雑な建て方をしてある。

それにしても、山の上、重文・国宝という同じ条件であっても、88箇所でお灯明やお線香をあげる場所が無い寺はない。
「別格」になると途端に廻る人の数が減ってしまうのだろう。
88箇所でも複数回になると激減する。
さらにその何分の1が別格20箇所も廻る。
ロープウェイで会った人も88箇所は32回廻ったが、箸蔵寺は8回目と言っていた。

 

DSC07798s.jpg
山の上にもに拘わらず境内は広い。
消防設備なぞ幾らでも造れそうだが。



DSC07793s.jpg
明王像群の前を通って境内を横断すると


DSC07794s.jpg
大師堂(御影堂)がある。
ここにも灯明立てや線香台はない。


DSC07797s.jpg
大師像の前に2本のお灯明があるが、あれは電灯なのか?
右のは微妙に傾いているが。


DSC07801s.jpg
帰りは石段を使わずに坂道を降りていった。
天神社という祠があった。
するとこれが六つ目の重文なのか。



[α7S+SEL24240]


QUAD S2~ デジタルイコライザーで低域下限を拡張

2018年05月07日 08:35



寝室用のシステムには、ONKYO のミニコンスピーカーをOlasonicのDAC付きアンプUA1+CDトランスポーターのCD1という形で使っていた。

スピーカ部分(D-NFR9)は単体売りで1万を切る。
TV用には充分だが、CDまで入れると厳しいので替える事にした。

ただしオーディオ用に普通に使えるブックシェルフでは入れる場所がない。
小型といってもミニに類する大きさに限定される。

B&Wのスピーカーは使ってみたいと思っていた。使えそうなのは707シリーズだが新しくて情報が少ない。
ELACのBS403はリボントゥイータの音が決め手だという。

日本橋によほど足を運ぼうかと思った。
「CDを2~3枚持って河口無線の裏のガレージに車を入れば直ぐ済む。」
とささやく声が大きくなったが・・・

QUADのS2に決めた。
これもリボントゥイーターを使っている。
手放してしまったがQUAD ESL57と同様の澄んで柔らかい高音が聴けるのではというのが理由だ。

DSC05390s.jpg
ネットはマグネットで何時も同じ場所にキチンとくっ付く。


DSC05388s_201805031301403b7.jpg
背面バスレフだから壁から離して置く。
ラック内に押し込むより、スタンドで立てて使う事を想定しているのだろう。
小さいくせに、ターミナルはバイアンプ仕様になっている。

梱包の中には真っ白な手袋が入っていた。
スピーカーに指紋が付かないようにという配慮なのだろう。
しかし、手袋をはめると滑ってやりにくいし、この色は若干艶消しが入っているので素手で触っても大丈夫だ。


DSC05392s.jpg
これまでのオンキヨーのスピーカーより一回り大きい。
それでも18x33x29cmしかない。


DSC05395s.jpg
取りあえずこれまで同様、コーナンにあった足のついた簀の子に乗せている。

手前のULTRA CURVE PROとあるのがベリンガーDEQ2496で、
本来はライブ会場の音響特性をフラットにする為に使うものだが
光ケーブルでCD1→DEQ2496→UA1と繋いで
ベリンガーDEQ2496~Olasonic UA1 を活かす その(2)
にあるように、デジタルで信号の80Hz以下を好きなように持ち上げてUA1のDACへ送っている。

しまりの無い低音を撒き散らすサブウーファーより、
この方が当然ながら音の繋がり良く、スピーカーの周波数特性に合わせて、自在に20Hzまで低音を持ち上げる事ができる。
デジタルの状態で周波数特性を変えるので、アナログのグライコのような音の劣化もない。

まだエージング中だが、一回りエンクロージャーが大きくなった所為かこれまでより低い音が聞こえる。中低音が豊かで心地良い。
何よりファツィオリのピアノを聴いて、その音色が楽しめるようになった。
音そのものを楽しめると言うことは、オーディオ用のレベルに達しているという事になる。

高域は全くキツい所がない。ESL57に通じる透明で繊細感のある音だ。
高域のレベルを少し上げてもいい位だ。
低域を持ち上げているので、バランス的に不足を感じるのかもしれない。
エージングが済んだらDEQ2496で今度は高域も弄ってみようか。




百寺巡礼(3) 若狭神宮寺、若狭彦神社、若狭姫神社(福井)

2018年05月04日 08:24



明通寺から2km程の所に神宮寺がある。
四国88箇所にも幾つかあるが、神社の中にあった寺で明治の廃仏毀釈以前は通常の形態だった。
廃仏毀釈で寺は神社と分離され、廃寺となった神宮寺が数多くある。


DSC07735s.jpg
駐車場を出て階段を上がると、傾いた門があった。
この前を右に行けば仁王門があったのだが、まさかこれが参道とは思わず、すぐ左手に見えた入口に行ってしまった。


DSC07708s.jpg
これは山門か? 注連縄が張ってある。


DSC07734s.jpg
重文の本堂。こちらも注連縄が。
流石にこの光景は奇異に映る。

左手の柱には「お水送りの堂」とある。
東大寺二月堂とここは地下で通じていて、お水取りの水はここから送られるという。
お水送り時期には、一月程行事のために拝観できなくなる。


DSC07723s.jpg
本堂内部は大きな蔀で外光を調節している。
仏像は右側の格子の中で近づく事はできない。
普通の寺とは雰囲気が違う。


DSC07715s.jpg
本尊は薬師如来で日光、月光の脇侍となっているが、祭壇にはそれ以外にも12神将や不動明王等数多く仏像が並べられている。


神宮寺は若狭一宮である若狭彦神社の中にあった。
周囲は畑や集落に変わっているが、元は広大な神社の境内だった。
その若狭彦神社に行ってみる。

DSC07746s.jpg
若狭彦神社は上社と下社に別れており、交通の便が良い下社の方が栄えてきた。
その結果上社は若狭一之宮若狭彦神社、下社は若狭二之宮若狭姫神社と呼ばれるようになった。


DSC07745s.jpg
夫婦松とされる亭々たる2本の杉は幹が2本になった杉だった。
根の所で2本になった「夫婦」はよく見るがこんな幹の部分で2本になったのは珍しい。


DSC07737s.jpg
結界となっているの川の先に楼門がある。
古代の様式がキチンと残された神社のようだ。


DSC07740s.jpg
手水で清めて、


DSC07739s.jpg
本社殿へ。
手前に基礎のようなモノが残っている。若狭姫神社でも見られるのだが、何の跡だろう。


DSC07741s.jpg
本殿の屋根が少し痛んでいる。
格はここの方が高いが誰もいない。

若狭姫神社の方へ移動する。


DSC07748s.jpg
約1.5km離れた所にあった。
社務所はこちらにあり、こちらの方が栄えている。

神宮寺からここいら一体、総てが「若狭国一之宮神社」のものだった。


DSC07760s_2018050219252672a.jpg
楼門の上に聳えているのが千年杉なのだろう。


DSC07751s.jpg
楼門を入った所に能舞台がある。


DSC07754s.jpg
拝殿から中を見れば、本殿も若狭彦神社より立派だ。


DSC07759s.jpg
横へ廻ってみると、
あれ。屋根に千木や鰹木がない。
神宮寺がある事と何か関係があるのだろうか。
けれど若狭彦神社にはあった。


DSC07755s.jpg
境内にこんなモノが。
「窪みにお札を挟まないでださい」という立札が笑える。
「窪み」のある女器陰石は角度に寄って妙にリアルに見えるから、何となくご利益が有りそうに思うのだろうか。


[α7S+SEL24240]



百寺巡礼(2) 明通寺(福井)

2018年05月02日 07:26



先週、京都府から少し福井県に入った辺りにある明通寺と若狭神宮寺に行ってきた。
どちらも五木寛之の百寺巡礼に取り上げられている寺だ。
西国33箇所は、奈良や京都の混雑している寺を避けていると行くところが無くなってきた。
地方の大きな寺を取り上げているこちらのシリーズに興味が出てきたのだ。

DSC07664s.jpg

DSC07669s.jpg
古びているが立派な山門だ。


DSC07666s.jpg
仁王像は鎌倉時代の寄せ木造りだが、作者不明で重文等にはなってない。痛みが進んでいる。


DSC07668s.jpg
山門を潜ったところに立派な木組みの鐘楼がある。
ここで拝観料を払う。


DSC07671s.jpg
さらに参道が続いており、本堂はその先にあるようだ。
右側のスロープ道は車椅子用だろうか。


DSC07700s.jpg
石段をあがると本堂と三重の塔が見えてくる。
この寺は坂上田村麻呂による創建と伝えられている。
征夷大将軍に3度も任じられて東北地方には史跡が多いが、こんな所までも守備範囲だったのか。


DSC07695s.jpg
檜皮葺の国宝本堂。
真言宗の寺だが、神社の建物のようにも見える。


DSC07677s.jpg
シンプルな木組みで支えられている。


DSC07674s.jpg
本尊は薬師如来だが、手に薬壺は持っておられない。
それは ・・・、笠智衆に似たご住職に説明を受けたのだが忘れてしまった。


DSC07691s.jpg

DSC07686s.jpg
薬師如来の脇侍は普通、日光菩薩と月光菩薩なのだが、深沙大将と降三世明王と珍しい。
どちらもヒンドゥー教の神なのだが仏教に折伏されたとされている。

DSC07689s.jpg
特に降三世明王は女性を踏みつけている。
これは、あのシヴァ神なのだそうな。
あの最高位の女神を踏みつけている理由は、カースト制度で差別を作り出したからという。

これらの仏像は重文に指定されている。


DSC07692s.jpg
この檜皮葺の三重の塔も国宝だ。


DSC07704s.jpg
帰りに客殿の前庭を通り抜け、


DSC07705s.jpg
樹齢500年というかやの木を横に見て門を出た。


[α7S+SEL24240]




バックガイドモニターがナビに戻らない~ベンツの小さな親切よけいなお世話?

2018年04月30日 07:08



DSC05383s_2018042713022021f.jpg
バックガイドモニターを見ながら駐車する際に、ギアを前進に切り替えてもナビに戻らない。

画面の左下にリターンマークが点灯しているが、タッチモニターではないので、


DSC05385as.jpg
サイドのマウスホイールの左上にある、同じ絵柄のボタンを押すとナビに切り替わった。


故障ではないかとサービスに電話すると、
駐車時にバックと前進を切り替える度にモニターが変わるのは煩わしいので前進で10km以上のスピードにならないとナビ画面に切り替わらない仕様だという。

成る程。
しかし、駐車場が狭いと切り替えさないと出られない場合がある。
そんな所に限って出口がすぐメイン道路に面していて、右折か左折かの指示が直ぐに要る。
そんな時は自分でボタンを押して手動で切り替えろという事か。

有っても、無くてもいい無駄な機能だと思うのだが。




打楽器だけでカルメンや第9!~ THE ALL STAR PERCUSSION ENSEMBLE

2018年04月27日 11:04



記事を書くのに探していたCDをやっと見つけた。
CDラックが4つにもなると、作曲者別、演奏者別に分類できないCDを見つけるのは骨が折れる。

allstar1s.jpg

久しぶりに聴いてみたが、ここまで澄んだ音でダイナミックレンジの広いCDは他に無い。

アメリカの主要オーケストラから選び抜かれた10人の打楽器奏者による演奏で、ハロルド・ファーバーマンが編曲と指揮を行っている。

曲目は
1.ビゼー:カルメン・ファンタジー
2.ベートーヴェン:交響曲第9番~スケルツォ
3.パッヘルベル:カノン ニ長調
4.ベルリオーズ:幻想交響曲~断頭台への行進

1982年のデジタルセッション

打楽器だけといってもヴィブラフォンのようなメロディを弾ける楽器も入っているが、それを主にすることはしていない。
他のいわゆるパーカッション楽器と同等に使われている。

最初の20分ほどあるカルメン・ファンタジーは、耳を澄まさないと聞こえないようなピアノピアニッシモに始まる。
音に集中させられてから、いきなりドラムやディンパニが出てくる。
そしてまた静寂と、静と動の巧みな変化に操られ、いつの間にかすっかり術中にはまってしまう。
他の曲も打楽器だけでこれほどの魅力的な音楽が出来るのかと感心させられた。


最初はLPを買ったのだが、2.の途中の静かなシーンで傷をつけてしまい、CDを探した。
VOXという今は活動していないレーベルで、探し出すのに苦労したが、10年程前にやっと見つけて買った。

その後も何度か再販されているようで、来月にも再発売がある。
ジャケットデザインはLP時代ものが使われている。
allstar2.jpg


LPと聞き比べた印象では、LPのほうが音が柔らかく、CDはLPに比べると強ばった平板な音に聞こえる。
それでも凡庸なメジャーレーベルのCDより遥に良い音だ。

ハイレゾにすればLPを越える音になるのではないか。
Blu-ray Audioのハイレゾ、サラウンドにもってこいの音源だと思うのだが、残念ながらどこも出していないようだ。




Amazonの詐欺メール~https:// なんて信用出来ない

2018年04月25日 07:22



Amazonを装った詐欺メールが、ここ数日ネットを賑わせている。

sagimailas.jpg


『尊敬する』という書き出しや名前を繰り返すくというのは、オカシイ
しかも、Amazonとやりとりしているのは別のアドレスに来ていた。
また発信のアドレスも@amazon-id.jpと少し違う。


ここでオカシイと、まずAmazonにアクセスしなくてはいけないのだが

アカウントを閉鎖する」というので慌てる。
しかも宛先が当方の実名になっている。



つい「リカバリアカウント」をクリックしてしまった。

そこにはIDとなっているメールアドレスの下にパスワードを入力するようになっている。
パスワードの欄も本物と同じ黄色に塗られている。

しかもアドレスの前にはhttps://が付いている。

私が使っているFC2はhttpなので、普段から「安全でない」といつもグーグルに差別扱いされている。



それでつい(又か)、パスワードを入れてしまうと
次にはクレジットカードの番号、有効年月、からセキュリティコード 3Dセキュアのパスワードまで求めてくる。
しかも「15分以内に入力を完了しないと手続きが無効になる」と焦らせる。

流石にここまでくると「オカシイ」「オカシイ」と警報が鳴り響く。

慌ててウインドウを閉じると、直ぐにAmazonのパスワードを変更した。


https://サイトなんてどこが安全なんだ。
誰でも取得できるじゃねえか。




SONY Xperia Z3 Tablet compact vs. ASUS ZenPad 3 8.0

2018年04月23日 08:04



DSC05381s.jpg

sony のZ3 タブレットを愛用してきたが、LTE付きのSGP621はメモリーが少ない所為で、検索を繰り返すとデータロードに時間がかかって画面が更新されなくなる。
その都度不要なソフトやファイルを除去すれば良いのだが、面倒になってきた。

メモリー4G,ストレージ32G以上の7~9インチのLTEタブレットを探したがASUSとHUAWEIしかない。
中国本土のものはバックドアがあるかもしれない。
台湾ならまだましと、消去法でASUSになった。


◎動作はスムーズになった。

◎文字入力に最初からATOKがインストールされている。
変換のヒット率が高く入力が楽になった。


○幅が広いので、一行の文字数が多いのに折り返し出来ないサイトでも画面を移動させずに読める。

△液晶はSONYの方が鮮やかで、ASUSは少し黄色味がかっている。
色は設定で色温度を上げたら問題のないレベルになる。

△ASUSは幅で8mm重さで50g大きくなっている。
寝転んで使う事が多いが、掌に入れて持つと重く感じる。
肘を付いて人差し指と親指でL字を作り、その間に挟んで使うと楽だ。

△SONYは1920x1200、ASUSは2048x1536と高密度になっている。
画像には良いが、文字が小さくなってしまうのが老眼に厳しい。
文字の大きさは極大に設定しているが、システムでフォントが決まっているサイトも多い。

△電池容量はZ3が45000mAh, Zenpadは4680mAhあるが、
使用時間はZ3が15時間(ビデオ再生)に対して11時間と少ない。
CPUの高速化とのトレードオフか。

×NFCが付いてないので、ICカードの残高を読み取れない。

その他 : usb端子がmicroでなくてtype-c 、
simはnanoでなくmicroと
規格が進んでいるのやら遅れているのやらよくわからない。


Z3は2014年、ZenPadは2016年の発売。それでこの程度の差。
SONYが新製品を出してくれれば、飛びつくところだが。