ハリアー vs. ベンツ

2017年07月07日 08:46



13年乗ったハリアー300GLから、ベンツC200に乗り換えた。
多分これが最後の新車になるだろう。
車の色はあいつが好きだった黒に決めていた。

P1110287as.jpg

プリウスを初めとしてハイブリット車が主流になりつつあるが、どうも好きになれない。
毎日乗るのなら前日の走行で充電されたエネルギーを使うというサイクルになるが、
一カ月以上全く乗らないこともしょっ中の情況では、毎回充電しては無駄に内部放電するのを繰返してしまいそうだ。
充電されてないバッテリーや発電機は邪魔者でしかない。

むしろターボ車に興味が行く。
2000ターボのセダンというとクラウン、スカイライン、レクサスISと国産車も色々ある。

レクサスISは試乗した事があるのでクラウン、スカイラインも試乗するつもりだった。
しかし、なにせ家から歩いて5分の所にヤナセがあって、ベンツが気に入った。
否定する為に乗るのは疲れるだけとベンツに決めた。
あとで後悔する事もあるだろうが、他の車を選んでも別のポイントで同じように後悔するに違いない。


bentzvsharier2.jpg
訂正
実際に走ってみると、ベンツの100km/h時の回転数は1500rpmだった。
W205は今年のマイナーチェンジで7ATから9ATになった。1800rpmというのは以前の7AT時の値のようだ。
100km/h時で1500rpmは相当なオーバーギアだ。


ハリアーに比べて一回り小さくなり、特に高さは1550mm以下でやっと立体駐車場に入れられると思ったら、
車幅が10mmの違いでで引っかかる可能性が出て来た。今時1800mm越えの車なんてザラにあるのに。
そういえばクラウンが頑なに1800mmを守っているが、この為か。

ホイールベースが大きくなったのに最小回転半径は小さくなっている。
前輪の舵角が大きくなっただけなので、街中ではホイールベースが大きい分むしろ大回り気味に廻らないとカーブで内側のサイドをこする事になる。
車両重量が100kg以上軽いが、そのためにボディは殆どアルミになっている。
アルミは板金ができないので凹んだら交換しか無く、修理費が高くつく。


100km時のエンジン回転数が3000ccのハリアーより2000ccのベンツの方が少ない。ターボのご利益だ。
より静かなドライブが楽しめる。
また、最大トルクが保たれる上限の4000rpmでは220kmになり、ここまでは一気に加速できる(計算上)。


P1110300bs.jpg

ACCにするとこんなメッセージが点灯して、助手席側のエアーバックが利いていない事を示している。
シートベルトを締めても消えない。大人が座ってやっと消える。
子供だとエアーバックが膨らむ衝撃で死ぬ事があるかららしい。

事ほど左様に身体へのダメージ回避を心がけている車なのに、任意保険の人身傷害の係数は4と普通の値でしか無い。
ハリアーは対物、対人が共に6と事故をよく起こす(車の為所ではない)車だが、人身傷害が1という事は、搭乗者は殆ど怪我をしないという事らしい。
SUVとセダンの差か。





 

ハスの早朝開園

2017年07月03日 09:57

DSC05036s_20170703091443396.jpg
人通りの無い駒川商店街のアーケードを行く。
7月の最初の1週間は、長居植物園が蓮の開花に合わせて、普段より2時間早い7時30分に開く。

植物園に到着すると早くも数十人が開園を待っていた。
殆どが私のような無料入場者である。
月曜日はお休みなのだが早朝開園中は臨時開園している。

住所年齢確認に免許証を見せるだけなので、入園はスムースだ。


DSC05059s.jpg
一面の蓮の花に圧倒される。


DSC05041s_20170703091445e59.jpg

もう暫くすると、花が閉じて丸いピンクのボールになってしまう。


DSC05043s_2017070309144620b.jpg

DSC05045s_201707030914486c7.jpg

DSC05051s.jpg

DSC05056s_20170703091452450.jpg

DSC05071s.jpg

DSC05083s_20170703091458d9d.jpg
植物園の奥では睡蓮の群生が見られるが、三脚の群れもここまでやってこない。

DSC05081s_201707030914578a5.jpg


[α7R2+SEL24240]

夏が来た

2017年06月30日 13:05



P1110280s.jpg
山法師が終わり


P1110283s.jpg
南天の白い花が散り


P1110281s.jpg
百日紅の花が咲いた


P1110284s.jpg
ハマユウも

[GX7mk2+NOCTICRON]




雨がシトシト降っているが、彼らの「夏が来た」

この「夏」の到来は年々早くなっているようだ。


「初めての百日紅」
2009/7/30

7/30は遅すぎるが、この木が最初に咲かせた花だから遅かったのだろう
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-916.html


「サルスベリ」
2010/7/14
翌年は2週間早くなった
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-1236.html


「夏到来」
2013/7/7
更に一週間早まった。
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-1828.html


2017年、今年は遂に6月に咲いた。


んで・・・
いや何も・・・・

アブラムシ退治の殺虫剤散布が1回で済んだ事も関係してるかな?




あいつの本

2017年06月29日 22:37



あいつの本が出来上がってきた。

DSC05034s.jpg

http://hinokenya.blog74.fc2.com/blog-entry-973.html




富嶽鉄道の車窓撮影~アクションカムHDR-AZ1

2017年06月26日 06:58



車載カメラによる「運転手が見た」車窓風景の撮影。
これも、鉄道模型でやってみたかった。


本来は精巧に作られたジオラマの中での話だろうけれど、
模型の縮小倍率分スピード感が増大するのが興味深い。

P1110236s.jpg

プラレールのドクターイエローは運転手カメラ/車窓カメラの2つの録画モードを持っている。
スパイラルレールの内側にカメラを向けて撮ってみた。


録音機能がない。
カメラの画素が少ない。
広角レンズではないので近くが入らない。
定価1万のオモチャと割りきるしかない仕様だ。

やはり車載用の小型カメラが要る。

P1110270s.jpg
ソニーのシリーズ中で最も背の低いアクションカム、HDR-AZ1一択だった。
既に一昨年で生産完了となっているが、腕時計型のライブビューリモコンとのセットがアマゾンで23000円だった。


P1110252s.jpg
それでも普通に台車に乗せると高架橋の下をくぐれない。


P1110256s.jpg
車輪付き電池カバー とガラスエポキシのユニバーサル基板を使って低床台車を作ったら


P1110253s.jpg
余裕で通過できるようになった。


P1110276s.jpg
4階建て5車線のコースの3階部分、500系新幹線が乗っている所を走らせる。
4階は3階に高架橋脚を乗せたもので、全く同じコースになっている。






いよいよHOで走行撮影をする。
P1110247s.jpg
無蓋車にカメラを載せて準備完了。



客車列車からのコトンコトンというレールの継ぎ目音も入って、やはりHOの方が良い。






真っ赤なベンツ

2017年06月24日 07:47



P1110261s.jpg

ハリアーが去った後、車庫に真っ赤なベンツが鎮座ましましている。
とてもこんな車を持つ勇気は無い。代車だ。

ベンツ(ヤナセ)は太っ腹だ。レクサスでさえ試乗する時には免許証を見せ誓約書を書かされたのに、
ふらりと入って来た客にいきなり高速乗り放題の試乗をさせてくれる。誓約書も免許証の確認もなかった。



P1110263as.jpg

260kmまである!!

国産車のレーダークルーズの上限設定は、100kmとか105kmとかの書き込みがあるが、
こちらは30-200kmとカタログで明言している。
220km辺りでリミッタが働くという。

ドイツ国内では250kmになっている。
ベンツ、BMW、アウディの御三家にはリミットがあるが、ポルシェにはない。
日本の180kmは自主規制だったのか。


180kmのリミットがあるGT-Rにも勝てそうだが、この車はターボの出力が押さえられている。
2Lターボでは最高380hpを出す車種もあるが、これはノンターボの2割り増し程度で、そんなところまでスピードが出るか疑問だ。

とは言え、昔1200ccのカローラでメーターを振り切った事がある。
車重が1tを切っていて、車が浮くので4人乗ってなんとかクリアした。
あんな滅茶に付き合ってくれた友人達は今どうしているのだろう。



13年目ハリアーの買い取り価格

2017年06月18日 07:59



DSC05015s.jpg

これまではディラーの下取りに任せていたが 、買い取り専門店の方が高くなるというネットの話しを試してみる事にした。

結論から言うと予定に近い価格で売れたが、なかなか大変な経験をさせて貰った。


まず一括査定サイトに簡単な情報を入力する。
直後、次々に電話がかかってくる。
電話に出ると夕方にも拘わらず当日中のアポを求められた。
当日2件の約束をした。


1軒目はビッグモーター
近くにある営業所から直接来たようだ。
30分位かかって見終わった。

幾らになるかと聞いたが、後で来る業者に自分の出した価格にほんのわずか上乗せした額で持っていかれるからと答えない。
当社と契約してくれるなら言うという。
こちらは次々に買い取り価格を出して行ってくれるイメージがあったから、面食らった。
結局後日、電話するという事になった。


2軒目はガリバー
最初千葉からの電話でビックリしたが、来たのは直ぐ近くの営業所からだった。
2人組で小一時間かかり、日はとっぷりと暮れていた。

ここはオークションの落札価格が13年落のハリアーなら30-35万だという。
なので25万程度だが、今決めてくれたら上司ともう数万上積みを交渉するという。

どうも一括査定というのは名ばかりで、来た順に交渉して契約するかどうか決めないと先に進まないようだ。

先月払ったばかりの自動車税や、あと半年ある車検に含まれる自賠責や重量税を合計すると約7万になる。
25万というが実質18万で売れという事だ。

オークションの落札価格を書いた「本」というのが怪しい。日々変わる数字を本にしている暇はないはずだ。
繋がっていないスマホで上司とのやりとりの芝居をする胡散臭さに呆れてお引き取りを願ったが、かなかな帰らない。
結局、今日は何も決断しないと言って帰って貰うまでに1時間かかった。

ガリバーとは2度と係わりたくない。


3軒目のカーチスは翌日回しにして貰った。
ここはメールで相場を知らせてきた。
35-55万とガリバーとは随分違う。

ここも個別交渉に入る。
高年式だが走行距離が3万キロ以下というのが当方のウリだ。
この位になると事故車でない限り、少々の凹みは査定に影響しないようだ。
中値の45万を希望したが、40万ならOkだが45万では上司の決裁が得られないという。
結局、引き渡しの時期を早めることで42.5万で合意した。

午前9時に来て終わったのは11時半だった。
以降のアポには当然ながらお断りの連絡を入れた。



一括査定という言葉に誤魔化されてはいけない。
車を売る意思と連絡の電話番号という情報だけを吸いとられる。
値段は圧倒的な情報量を持つ相手と単独交渉しないと出てこない。

今回は2年前にディラーが出した40万という下取り価格が支えになった。
あれが無ければガリバーの強引さに屈していたかもしれない。
これ以上にならないと売らない最低価格を決めておく事が必要だ。
買い取り専門店といっても、値段の付け方は店に依ってまちまちだ。
オークションは販売ルートの1つにすぎず、十把一絡げの車の処分場だ。
安値誘導に屈せずに続ければ、いつか自分の思う価格を提示する業者が現れる。

(まあ、最初に同一日時に全社一斉に来てもらうという事をしなかったのが敗因だが)


PS. 夕方になってガリバーから電話がかかってきた。
高年式で走行距離の少ないハリアーが欲しいという客が店頭に来ているという。
100万も踏んだくろうていう腹なんだろうけど、お生憎様だったね。
売る側の事情を無視して叩きすぎたら元も子も無くなるよ。




富嶽鉄道再開に向けて

2017年06月14日 10:52



プラレールをやっていたら、少し元気が出て来てHOも走らせてみようかと思うようになった。
2014年の1月に閉鎖して以来、3年半ぶりにHOを走らせる。

DSC07274s.jpg
3台の機関車が新たに加わった。

廃車になった天賞堂のDD51及びC62の代わりに、KATOの北斗星仕様DD51、C56、それにEF510が加入した。
天賞堂のダイカストモデルは、矢張ガンガン走らせてはいけなかった。
ダイカストの重量がメカに負担をかけるようだ。

C56はC62の代わりに01を、
DD51は旧DD51の跡を継いで07を、
EF510は新たに09のDCCナンバーを登録した。
KATOの列車へのDCCナンバー登録は、以前D101でやっていたやり方では上手くいかなかった。
ESUやカンタムと違ってCVの最初のアドレスを書きかえないといけなかった。

今回は総てKATOのサウンド仕様になっている。

KATOのEF510はプラと思えないぼど重い。
重量を計ってみると723gもある。
天賞堂のEF58が685gなのでダイカストモデルより重い。
ベースに鉛が混じっているのか?
一方DD51は387g、C56にいたっては256gしかない。

重量感のほしい蒸気機関車のC56が、C62等と比べて小型であるものの、たった256gしかないのはガッカリした。


DSC07278s.jpg
コントローラーも新しいD102を導入。
D101では対応していなかったF10-12が使えるようになった。
カンタムの列車が、列車ナンバーを読み上げるのを初めて聞いた。
D101もコントローラーとして並列使用できるので、複数列車同時に走らせるときに便利になる。



漢方スタイルカード、REX CARD ダブル改悪 ジャックス高還元カード総崩れ

2017年06月07日 02:04



ジャックスからダイレクトメールが届いた。
今頃何だろうと開けてみると・・・・。

漢方スタイルカードが無くなって、Reader’s Cardになり、還元率が1.25%になるという。

この間1.75%1から1.5%に改悪されたばかりなのに・・・・。


1000円に付き11point、3500pointで4000円分のJデポ(キャッシュバック)→トータルで1.257%になる。

なら漢方スタイルと同等の還元率だったREX CARDに換えてくれと言うと、
こちらも名称は残るものの中身がREX CARD Liteになって還元率が1.5%から1.25%になるという。


30万以上使用で年会費は無料になるが、それなら何もしなくても無料のREX CARD Liteの方が良い。

Jデポ(キャッシュバック)の使い方も、漢方スタイルは1500円単位、REX CARD Liteは2500円単位なのに、
Reader’s Cardは4000円単位と使い勝手がわるい。
ポイントの使用期限が切れて抹消されてしまう可能性が高くなる。。



ジャックスの高還元カードは全滅した。
今回受け皿となるReader’s Cardは既に新規募集が停止されている。
一旦ここへ吸収してさらなる改悪に進むのか。


PS.REX CARD Liteも新規加入が終了していた。



HOからプラレールへ その3 弾丸列車対決

2017年06月06日 16:16



もう1台作って競争させてみる。

機関車なら「無蓋車」に電池を積んでもプラレールなら違和感が無いが、電車だとさすがに・・・
電池を見えないようにしてみた。

P1110230s.jpg
MaBeeeはダミー電極を介さず直接動力車の電池ホルダーに刺す。
中間車に積んだ単4x2と直列に繋がっているので4.5V仕様になる。


P1110229s.jpg
電池ボックスの引き出し線の両端に1センチ角程度の銅箔を電極として半田付けし、両面テープを挟んで絶縁する。
これをプラレールのプラス極とMaBeeeのプラス極の間に挟み込む。
これで3本の電池が直列に繋がる。



EF210桃太郎と500系新幹線のデッドヒートが続く。
ライトの付いた新幹線はスピードで劣るとされているが、3倍の電圧で動かせばミニ四駆並の走りを見せる。



ただし、ちょっとスピードを出しすぎると大惨事が・・・・・・